☆山形のアルバイトランキング
第1位 山形でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 山形での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


山形 地域情報

山形県(やまがたけん、Yamagata Prefecture)は、東北地方の県のひとつで、日本海に面する。県庁所在地は山形市。

県域を地図で見ると人間の顔の形をしている。県の東側一帯で宮城県との境に奥羽山脈、県の西部に朝日連峰がそびているように、県域の大半を山地が占め、中央を最上川が流れる。県民の多くがこの川の流域に住んでいるため、母なる川とも呼ばれている。北西側の日本海上には県唯一の離島、飛島がある。

1997年に東北パイオニアがパッシブ駆動方式有機ELディスプレイに量産成功して以来、最近では有機ELを核とした有機エレクトロニクス関連産業集積による産業おこしを行っている。これは、有機EL研究の世界的権威である山形大学工学部城戸教授の基盤研究を活用するためである。
マクドナルドの進出が全国で最も遅かった。1990年12月に県内1号店が開業したが、これは同年5月の旧ソビエト連邦(現ロシア連邦)の首都、モスクワへの出店よりもさらに後となった。
フォードの正規代理店のない数少ない県の一つでもある(1990年代前半に『オートラマ山形』が開業したが、数年後閉店。グループブランドのボルボは宮城県本拠のカメイオートが、2005年6月に山形市に代理店を設置した)。

県内は村山地方、最上地方、置賜地方、庄内地方の4つの地方に分けられ、それぞれ気候・文化などの面で違いがある。またそれぞれに県の出先機関として総合支庁が置かれている。

5年毎の国勢調査による県人口は、戦前は一貫して増加。戦後の第一次ベビーブームによって1950年(昭和25年)に最大になった。その後は産業構造の変化で郡部から都市部へ労働力が移動し、県内各市の都市化と県外諸都市への移住とによって県全体では人口が減少した。第二次ベビーブームに入っても人口減が続き、1975年に県人口は戦後最低となった。1985年(1,261,662人)第二のピークとなった後、ゆるやかに人口は減少に転じている。都市別・地域別には、県全体の人口増減とは必ずしも同期しておらず、県庁所在地である山形市は統計開始以来一貫して人口が増加している。また、山形市がある村山地方(山形盆地)は、ほぼ1つの都市圏として機能し、県内における人口比率を上げている。

山形市(県庁所在地、村山総合支庁所在地)
寒河江市
上山市
村山市
天童市
東根市
尾花沢市
東村山郡
山辺町 - 中山町
西村山郡
河北町 - 西川町 - 朝日町 - 大江町
北村山郡
大石田町

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34