☆日立市のアルバイトランキング
第1位 日立市でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 日立市での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


日立市 地域情報

日立市(ひたちし)は、関東地方の北部、茨城県の北部に位置する市。人口約20万人。旧多賀郡。

日立鉱山から発展した鉱工業都市であり、久原房之助が日立鉱山を拠点として以来、日立製作所(日立グループ)の企業城下町となる。他に似たような企業城下町には、豊田市(トヨタ自動車)や新居浜市(別子銅山、住友グループ)などがある。

尚、都市名と企業名の混同を避ける為に、日立市民は日立製作所を日製(にっせい)と呼び、都市名を日立(ひたち)と呼んで区別する。

関東平野が久慈川(日立市と東海村の境界)で北端となるため、東側の太平洋と西側の多賀山地に挟まれ、南北に細長く可住地が伸びている。可住地の多くは、日立製作所及びその関連企業の施設が占めているため、山間地を切り開いて造成した住宅地が多い。

可住地は大半が海岸段丘と扇状地であるため、水の便が悪い所が多い。河川も河口付近まで谷になっているものが多い。昔は、沢の上流からかけどいと呼ばれる水道橋を作って用水を確保していた地域もある。又、扇状地の末端部分では泉が森のように地下水が湧き出し泉となっているところもある。

南北に大きく伸びた海岸線を持つことから、市内には6箇所の海水浴場を持つ。名勝として、玉簾の滝(たまだれのたき)や諏訪梅林(すわばいりん)などがある。市内各地に桜の木が多く見られ、「日本さくら名所100選」にも選ばれている(かみね公園・平和通り)。

市北西部の日立鉱山には1914年に煙害対策として高さ155.7mの大煙突(だいえんとつ)が建てられ、工業都市日立のシンボルとして長く親しまれた。これをモデルにした小説として、新田次郎の「ある街の高い煙突」がある。この大煙突は、1993年2月19日、この日に吹いた強風と老朽化の影響で突如倒壊し、現在は高さ54mとなっている。

総じて、常磐線の駅を目安に各地区が形成されており、大甕(おおみか)・多賀(たが)・助川(すけがわ)・小木津(おぎつ)・十王(じゅうおう)の国道6号沿線と、中里(なかざと)の国道349号沿線に分けられる。中里地区は、同じ国道349号沿線の常陸太田市との関係が深い。

戦後の一時期、県庁所在地の水戸市を人口で上回っていたことがある。しかし近年は日立製作所グループの再編成などによって人口が減少し、十王町との合併にも関わらず20万人を割った。つくば市に抜かれ、現在は県内3位となっている。

日立市は日立製作所の企業城下町として有名である。市の人口のおよそ30%は日立製作所及びグループ会社の社員かその家族である。他の企業城下町では、西の豊田市(トヨタ自動車)と対比される事が多い。市内には、日立製作所およびその系列企業の工場や社宅、社員寮が多数点在する。 東日本でも有数の工業集積地域として発展し、その事業所数はピーク時で1,000を数えたが現在は約700。機械、電機、輸送機に関連する中小企業が日立市のものづくり産業を支えている。 日立地区産業支援センターは平成11年4月にオープンした産業支援機関であり、こうした中小企業の様々な事業活動をサポートしており、その精力的な活動は全国的にも注目されている。

日立鉱山は、現在のジャパンエナジー・日鉱金属の元になっている日本鉱業発祥の地でもある。日立鉱山は1981年に閉山となっているが、鉱石の精錬事業は日鉱金属の工場で現在も続いている。

産業遺産として、セメントの原料である石灰石運搬用の架空索道がある。日立セメント㈱が太平田鉱山で採掘したセメントの原料である石灰石を山根貯鉱場までの山間3.8kmの区間を運搬しているものである。さらに、山根貯鉱場からセメント工場までは、ベルトコンベアが通っており、数沢川の上に架かる線路上を通過し、市役所付近から地下に入り市街地を縦断して工場まで運搬しているものである。現在日本国内で架空索道が運転されているのはここだけの珍しい設備である。

十王地区の伊師浜海岸には、日本で唯一、海鵜(ウミウ)の捕獲が許可されている鵜捕り場が設けられている。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34