☆府中市のアルバイトランキング
第1位 府中市でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 府中市での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


府中市 地域情報

府中市(ふちゅうし)は、東京都のほぼ中央にある都市。多摩地域の一部である。

律令時代には武蔵国の国府が置かれた都市であったため、武蔵国の国府という意味で府中と付いた。 他の「府中」と区別する為に「武蔵府中」とも呼ばれる(例:武蔵府中郵便局、武蔵府中税務署)。江戸時代は甲州街道の宿場町として栄えた。旧北多摩郡。

地理的には東京都のほぼ中央に位置し(伊豆・小笠原諸島を除く)、武蔵野・多摩地域の東部に当たる。東京都区部の新宿から22km西、日本橋からは30km西に位置する。

歴史的には古代より栄え、史実上だけでも大化改新後武蔵国の国府所在地として栄え、古くから関東地方の中心地であった事が分かる。その後、鎌倉時代の要衝地域として、また、江戸時代の参勤交代に於ける主要宿場町として発展する。 戦後も区部以外の主要都市として行政機関、病院等の公共機関が数多く集積する。

交通網としては上記の地理的、歴史的な観点から現在でも東京都区部近郊の交通の要衝として、東西南北(区部、東京郊外、神奈川県及び埼玉県)を結ぶ。これは国府設置以来中心地にある大國魂神社を基点に発達していった事が大いに影響されている。

武蔵野線、南武線、京王線の交差駅を持ち、道路網では東西の区部と郊外とを甲州街道、中央自動車道介してを結び、府中街道、鎌倉街道を介して南北の神奈川県(川崎市・相模原市方面)と埼玉県(所沢市方面)を結ぶ。市内はバス網が充実しており、中央線の各駅から府中市方面に向かって多くの路線が乗り入れている。

生活充実度としては非常に高く、多くの行政機関、病院等が集積し、大企業の研究開発所及び工場等の大規模な施設も多い。平坦地でありながら、多くの緑を有し、広い公園も沢山ある。

市内全域に1万個以上もの集積型の大きな「ゴミ箱=ダストボックス」が配置され美化面からも非常に評価が高く全国に広がっていった。しかし、市外住民が幹線道路沿いのダストボックスにゴミを不法投棄する事件が慢性的に発生し、市の統計としてゴミの減量に失敗した。そのためダストボックス制度は廃止が決まった。

医療面でも市独自に夜間、休日診療環境を用意し、他市に先駆け整備し、育児面では全小中学校への学校給食提供を実施する等、育児世代に高い人気を持つ。加えて防犯意識が強く、不審者情報の共有、連絡が行われている。

高齢者福祉面からも力を注ぎ、市内の各地域文化センターでの入浴設備提供、高齢者見守りネットワーク作りの整備を実施し、11ヶ所の高齢者在宅介護支援センターを拠点として提供している。

特色の1つとして、夜間人口、昼間人口がほぼ同一であり、又、市民の半数以上が市内に通勤・通学している。これは近隣のベッドタウン都市とは違い、職住接近の生活環境で有る事を示している。

これらから市民の満足度が高く、市のアンケートでもほぼ全市民が将来も住み続けたい街として回答している。又、住みたい都市として都下第二位の人気を誇る。(参考:MAJOR7(メジャー7) マンショントレンド研究室調査、住んでみたい街アンケート2006年)

日本記録としては、選挙投票開票時間日本一(1992年市長選挙での33分)を保持し続けている。

多摩川中流左岸の河川段丘に広がり、多摩川対岸に多摩丘陵を望む。市の南辺は多摩川と一致する。市の中央やや南を府中崖線が、北辺に沿って国分寺崖線が、それぞれ東西に走っている。前者の高さは10mから15m、後者は10mから20mである。北東部に標高79mの浅間山(せんげんやま)があり、麓からの高さは30mほどである。 この2本の崖線と浅間山付近を除けば、ほとんどが平坦な土地で可住地面積率は99.7%である。府中崖線の南側を多摩川低地、両崖線に挟まれた部分を武蔵野台地の立川面、国分寺崖線の北を同じく武蔵野面と呼ぶ。なお、崖線をこの地の方言でハケと呼ぶ。府中崖線の南側に沿って府中用水が流れている。市の北東端を、多摩川の支流の一つ野川が流れている。

[編集] 市勢
面積は 29.34km²。 人口は 242,351、男123,518人、女118,833人(2007年3月1日現在(推計人口))。

夜間人口226,647人、昼間人口221,456人(2002年現在)
総世帯数111,870世帯(2007年3月1日)。
うち外国人登録数4,198人

本来、「府中」とは「国府所在地」を意味する地名で、日本各地に存在する。例えば、旧静岡市は幕末まで「府中」や「駿府」と呼ばれていたが、これは「駿河府中」の略称である。

壱岐国と対馬国を含めて68箇所の国府所在地の中で、現在も規模が大きい市街地となっているのは、ここ府中市(武蔵府中)と旧静岡市(駿河府中)、甲府市(甲斐府中)など少数である。

自然環境面では、基本的に平坦地だが、標高79mの浅間山(前記)があり、雑木林で覆われている。5月中旬には、ムサシノキスゲの唯一の自生地として黄色い花が咲く。ここは浅間山公園として整備され、散策し易くなっている。
浅間山を中心に東部には武蔵野の森公園、少し市の中心地側には府中の森公園がある。市の北側方面には武蔵野公園が在り、崖線部分には自然のままの雑木林が古の武蔵野の面影として残っている。
多摩川に接する南側には、府中市郷土の森博物館が市民の憩いの場として存在する。更に西側に進むと田園地帯が残る。
施設面では市の東部に、旧関東村(元陸軍・関東軍の軍用飛行場。戦後は米軍のキャンプ)跡地が調布市、三鷹市に跨がって広がり、近年、跡地利用が始まった。東京外国語大学や調布市域の味の素スタジアムはその一例である。武蔵野の森公園はここに在る。
浅間山を挟み、やや中心近くに航空自衛隊府中基地、航空総隊司令部がある。これも米軍基地としても使われていた所である。司令部のため、現業部門は無い。一部米軍基地の跡地が30年以上手付かずのまま残っている。
北東部には府中運転免許試験場がある。東八道路を挟んで広大な東京都立多磨霊園がある(一部は小金井市にも跨る)。
市の中央部は、府中駅を中心に、南口を出ると直ぐに昔ながらの商店街が広がり、さらに府中駅南口市街地再開発事業計画によって、伊勢丹、くるるといった大型施設も立ち並ぶ商業地域となっている。
中心地より少し西側に移ると、日本製鋼所跡地に出来たインテリジェントパークがあり、日本銀行を筆頭に各種金融機関の事務センターが並ぶ。その直ぐ北側に東芝府中工場があり、更に進むと北部には武蔵野台公園に接して東京都立府中病院など病院が集中している。
市の南端は多摩川とその河川敷であり、運動施設や公園が置かれている。近年まで砂利の採取が盛んであり、西武多摩川線や旧下河原線などは、その搬出のために敷設された鉄道である。多摩川競艇場も採取所の跡地である。
多摩川河川敷周辺は、市民の憩いの場が提供されており、いこいの森、府中市郷土の森博物館、市民健康センター(総合体育館、サッカー場、野球場、庭球場)が広がる。また、サイクリングロードが整備されており自転車愛好家が良く利用する。
企業では市の西部に東芝、日本電気、市の南部にサントリー、東京競馬場、読売新聞、東京多摩郵便局(多摩地区から他地区への集配拠点)。
上記以外は概ね宅地である。大規模な団地としては、市の南東部に住宅公団(現:都市再生機構)車返団地がある。
府中駅南側には、細い道路両脇に小さい商店が密集し、看板、商品、放置自転車で狭くなった戦後の商店街も残っている。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34