☆横須賀市のアルバイトランキング
第1位 横須賀市でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 横須賀市での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


横須賀市 地域情報

横須賀市(よこすかし)は、神奈川県南東部の三浦半島に位置する都市。現在中核市に指定されている。

神奈川県南東部に位置する三浦半島の大部分を占め、市域の東側は東京湾(浦賀水道)、西側は相模湾に面する。また東京湾唯一の自然島である猿島も行政区域に含まれる。それほど標高が高い山はないが、中央部は山間部や丘陵部(三浦丘陵)が中心で、平地は少ない。そのため古くから海岸線の埋め立てが行われており、現在の中心市街地もかなりの部分が埋立地にある。また、海岸沿いまで山が迫る地形のためトンネルが多いのも特徴で、神奈川県にある道路・鉄道トンネルのおよそ半数が市内に集中している。

政治・経済的都市機能が集中する東京湾岸には大工場や住宅群がひしめきあうが、相模湾岸には自然が多く残され、農業も盛んである。市内中心部から東京都心までは京急本線で約50分、JR横須賀線で約1時間20分。また横浜横須賀道路など地域高規格道路が整備されており、車では羽田空港まで約40分、都心へは1時間程度となっている。


三笠公園の記念艦三笠東京湾の入口に位置する為、江戸時代から国防の拠点とされ、大日本帝国海軍横須賀基地を擁す軍港都市として栄えた。現在もアメリカ海軍第7艦隊横須賀海軍施設および海上自衛隊自衛艦隊・横須賀地方隊の基地が置かれている。

人口は横浜市・川崎市・相模原市に次ぎ神奈川県第4位となっており(1977年11月以降)、県下では横浜市に次いで2番目に市制を施行した。このため、公式文書で自治体を列挙する際には横浜市・川崎市・横須賀市の順で表記される(政令指定都市→市制施行順に表記されるため)。また横須賀市が県の政令市(保健所・水道事業等は中核市指定前から独自に行っている)ということもあり県から見ればトップ3の一角だが、2003年に中核市となった相模原市が人口増と市町村合併で政令指定都市への移行が確実視されているため、この情勢にも変化が見込まれる。


長井海の手公園 ソレイユの丘基幹産業が重厚長大産業であることや、地形が山がちという地理的要因から今後大きな人口増加は望めないため、「国際海の手文化都市」をスローガンに「交流人口」(仕事やレジャーでの流入人口)の増加、そして「また来てもらえる街」をめざしている。そのための施策として横須賀リサーチパーク (YRP) 開設や神奈川県立保健福祉大学の誘致、海軍カレーによる街興し、ヴェルニー公園(1万メートルプロムナード計画の起点)、くりはま花の国、長井海の手公園 ソレイユの丘、美術館等観光施設の整備などが行われている。

以前「平成の大合併」を機に三浦市から合併を打診されたが、政令指定市に昇格できる見込みも無く、特段の利点が無いということで断っている。もし三浦半島4市1町(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)で合併すれば政令指定市への移行が十分に見込める人口75万規模の自治体になるが、各市町に強いプライドがあり、広域的な合併を目指す動きは見られなかった。合併を推進していた小林一也三浦市長が1期限りで落選したこともあり、現在周辺自治体との合併の計画はない。

三浦半島地域に共通の問題として高い高齢化率、ゴミ処理の共通化などがあり、横須賀市は舵取りを迫られている。

産業
日産自動車追浜工場、総合研究所、追浜専用埠頭
全国でも有数の規模を誇り名を連ねる、自動車工場。
関東自動車工業
トヨタ系の自動車組立メーカ。1990年代初めまで深浦で乗用車生産を行い、2006年8月まで開発部門などがおかれていた。現在、本社機能は残るがほとんどの機能が静岡県裾野市に移転している。
日本ビクター横須賀工場、久里浜技術センター
こちらも全国有数の研究機関であり、1980年代後半大ブームとなったVHSビデオデッキをはじめて開発したのもここ。
日本電信電話横須賀研究開発センタ(サイバーコミュニケーション総合研究所、サイバーソリューション研究所、サイバースペース研究所、未来ねっと研究所)
日本電信電話公社横須賀通信研究所として開設され、現在でもバス停留所等では「通信研究所」と表記されている。
東京電力横須賀火力発電所
1957(昭和32)年に建設を開始し、1970(昭和45)年には8号機まで運転を開始した。1号機と2号機は既に廃止され、現在は3号機~8号機が稼動、総出力213万kw となっている。三浦半島一帯及び首都圏への電力供給基地である。
グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン(旧日本ニュークリア・フュエル)
国内における原子力発電用核燃料工場として重要な位置づけにある。
住友重機械工業横須賀製造所、技術開発センター
岡村製作所追浜事業所
東邦化学工業追浜工場、追浜研究所
北辰工業横須賀工場
東京ファインケミカル横須賀工場
むらせ
ハリソン東芝ライティング横須賀事業所
丸大食品横須賀工場
ニチロ久里浜工場
パン市場・浜田分店
横須賀リサーチパーク (YRP)
日本の最先端の電気・通信事業の拠点となり、NTTドコモの携帯電話の研究・開発拠点となり、現代の日本における携帯電話産業の中心及び国内外の情報通信研究のメッカとしての役割を果たしている。
横須賀港からは自動車が輸出され、ウランとマグロが輸入されている。

農業
市内では都市部、工場地帯、山林が共存し、市の南部・西部を中心に農業活動が盛んに行われている。近年では減少傾向にあるものの、農地は市域の4% 以上を占める。かつては水田も多く見られたが、現在では大部分が畑作となっている。主な生産物はキャベツ、大根、カボチャ、メロンなど。農協業務は市全域に亘って JAよこすか葉山が執り行っている。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34