☆西宮市のアルバイトランキング
第1位 西宮市でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 西宮市での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


西宮市 地域情報

西宮市(にしのみやし)は、兵庫県南東部にある市。保健所政令市の一つ。
阪神間の都市であり、大阪市・神戸市のベッドタウンである。2005年4月1日の推計人口で尼崎市を抜き兵庫県第3の都市となり、同日に市制80周年を迎えた。また阪神甲子園球場の所在地である。市中心部に西宮神社(通称「えべっさん」)があり、戎祭り(十日ゑびす)が毎年行われ、開門後に最も早く本殿に到達した人をその年の一番福に認定する「福男選び」の神事がある。また、現在阪急西宮北口駅周辺などで市街地の開発が進んでおり、新たな核として発展することが期待されている。阪神間モダニズム文化圏の中央に位置し、周囲の各市とともに日本有数の高級住宅街として名高く、財界人、文化人などの邸宅が建ち並ぶ。また大学、短大が十以上存在する文教都市でもある。2006年6月12日、市の推計人口は47万人の大台を突破。

西宮市は兵庫県の南東部の阪神地域(神戸と大阪の中間地)に位置しており、南部の市街地からは大阪・神戸の両都心へ電車(阪急・阪神・JR)の利用により15分程度、北部の塩瀬地区からも電車(JR)利用により30分程度で行ける大変便利な場所に位置している。

市内北部の山地と南部の平野に分かれており、南部で大阪湾に面している。埋立地が3ヶ所ある。瀬戸内海国立公園六甲山地区の一部を含んでいる。

市域:東西約14.2km、南北約19.2km
市の位置
東端:東経135度23分00秒、北緯34度43分22秒
西端:東経135度13分50秒、北緯34度49分32秒
南端:東経135度21分50秒、北緯34度41分22秒
北端:東経135度17分40秒、北緯34度51分42秒
最高地:898.6m(鉢巻山山頂)、最低地:-0.6m

西宮市は阪神・淡路大震災後やバブル経済の影響により同じく深刻な被害を受けた神戸市、尼崎市、芦屋市などとともに財政は悪化し、財政を建て直すために2度の行財政改善実施計画を行い財政削減を行っており、平成17年度より第3次行財政改善実施計画を行っている。

第3次行財政改善実施計画としては、市長・議員などの特別職の報酬や職員の給料の減額、職員数の減員などを行い、また特別職・職員のその他の手当ても見直しが行われている。それ以外にも外郭団体、支所・サービスセンターの見直しのほか、地域情報誌、保育サービス、敬老事業、民間委託などについても見直しが行われている。 しかし、関東中核市をも上回る好調な人口増加や全国ベスト10に入る豊かな市民所得、甲子園や西宮えびす神社などの 豊富な集客施設、昨今の景気回復などにより財政状況は順調に回復に向かっている。  

平成18年度西宮市予算
一般会計:1,582億0,843万8千円 (前年比3.2%増)
特別会計:1,106億8192万4千円 (前年比4.7%増)
企業会計:215億9,051万円 (前年比1.2%減)
合計:2,904億8,087万2千円 (前年比3.4%増)

中核市問題
西宮市は中核市への移行(人口50万人に達していない都市は面積100km²以上)を目指しているが、市の境界問題があり、国土地理院による西宮市の公表面積は境界問題が起こる以前の1987年に発表した98.52km²が最後であり、市は埋立地面積を加えて100.18km²を主張するが、国土地理院公表値でしか運用できないため移行が滞っていた。しかし、第28次地方制度調査会で「面積要件については廃止することが適当」とされ、2006年6月7日に地方自治体法の改正・施行により正式に中核市都市候補となり2008年4月1日の移行を目指して準備をすすめている。
情報化進展度
日経BP社が、アンケート調査を基に市区町村の情報化進展度を比較する「e-都市ランキング 2005」で西宮市が全国2091市区町村でトップとなった(『日経パソコン』2005年7月25日号で発表)。使いやすいウェブサイトや独自の被災者システム、ITによる防災対策など多くの分野において情報化を進めている事が評価されている。また「e-都市ランキング 2006」(『日経パソコン』2006年7月20日号で発表)においても全国1613市区町村のなかでもトップとなり2年連続首位となった。
情報セキュリティの認証基準である、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証、および英国規格のBS7799-2を2006年3月(国内の地方公共団体として6番目)に取得している。

[編集] 学校教育
現在、市内ではマンション開発などにより、人口の増加ともに児童数が急増しており、小学校の一部の校区では教室不足が起こっているためにマンション開発規制がかけられている箇所がある。
高等学校の普通科に限り「総合選抜方式」の入試方式を採用している。これは、生徒の出身地区により進学先高校が指定されているもので、公立小中学校の学区制度と同じである。その為、幼稚園から高校まで同級生である生徒が少なくない。また、高校進学で不合格になることはめったにない為、西宮市の公立高校間のレベルの差はほとんどない。
※ただし「総合選抜方式」は平成21年度より廃止される。
大学、短大が非常に多く立地しているという特殊な条件を活かし、単位互換制度を設け、西宮北口に「西宮市大学交流センター」を設置、合同講義を行っている。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34