☆金沢市のアルバイトランキング
第1位 金沢市でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 金沢市での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


金沢市 地域情報

金沢市(かなざわし)は、北陸地方の西部、石川県のほぼ中央に位置する都市で中核市であり、同県の県庁所在地である。旧石川郡・河北郡。

江戸時代に、大名の中でも最大の石高を誇り、「加賀百万石」と称された加賀藩の城下町として盛えた。観光都市として知られる。

日本三名園の一つとして知られる兼六園がある。一般的なイメージに反し、平野部は日本海側としては積雪が少なめである。代表的な郷土料理は治部煮。毎年6月中旬の週末には、加賀藩の藩祖・前田利家の金沢入城に因んだ金沢百万石まつりが開催される。

第二次世界大戦で空襲を受けなかった事から、松本市や川越市と並んで、中心市街地に戦前の面影を残している。

金沢都市圏の人口は、約73万人(2000年都市雇用圏)。商圏規模は半径50km圏で約120万人とされている。金沢市は合併による政令指定都市移行を目指しているが、周辺市町の同意が得られず、実現の見通しは立っていない。

南東部は山地で、奈良岳(1644m)をはじめ、大門山(1572m)、医王山(いおうぜん、939m)などがある。平野に近い部分は丘陵地となり、戸室山(548m)、キゴ山(546m)、野田山(175m)、卯辰山(141m)などがある。北西部は金沢平野で、犀川、浅野川、金腐川(かなくさりがわ)、森下川(もりもとがわ)などが流れる。犀川は日本海へ直接注ぐが、他の川は河北潟へ流れ、大野川を経て日本海へ注ぐ。海岸部は砂丘となっており、河口部分は北向きに曲がっている。犀川上流には犀川ダムや内川ダムがあり、上水道・灌漑などに利用されている。犀川と浅野川は平行して流れ、その間の河岸段丘が小立野台地である。小立野台地の西端に金沢城や兼六園がある。また、犀川の南側は寺町台地となっている。

市内から周辺市町村へ広がる金沢平野は、低温であるものの水利がよく適湿で、江戸時代から良質の農地であった。明治時代中期には、他地方に先駆けて近代的な耕地整理が行われ、生産性が飛躍的に向上した。現在でも、単作の稲作中心の農業が継承されており、北陸地方の他地域と並んで、コシヒカリの主要な産地の一つである。

ただし、農地周辺への住宅や商業施設の建設によって、以前ほど広い面積での生産が見込めなくなってきている。稲作だけでは採算が望めない農地については、小規模でも生産でき付加価値の高い作物、さつまいもや蓮根などの加賀野菜、梨などの果実の生産に移行する動きがみられる。

また、北前船の寄港地であった大野港や金石港から金沢港が整備され、ここを拠点とした水産業も盛んである。

江戸時代に金沢を治めた加賀藩は、石高は高いものの外様大名であったため、幕府や周囲に警戒されないよう内向きの産業や工芸を奨励した。そのため、当時から絹織物の主要な産地であった。また、藩の財政に余裕があったため、京都などから職人を招聘し、、加賀友禅などの染織工芸を育成することができた。これらを基盤として、明治時代には繊維工業や染織加工業が発達した。ただし、現在では、中国などから安価な製品が輸入されるようになったため、高機能商品の生産に特化する動きがみられる。一方、現在でも金箔の製造は全国シェアの98%、銀箔は100%、市民1人当たりの和菓子購入額全国第1位であり、「伝統工芸王国」との評判に変わりはない。

繊維製品の生産に必要な織機の製造は現在でも衰退しておらず、ジェット・ルーム(高速の気流や水流で横糸を飛ばす方式の織機)を生産する津田駒工業本社工場は、世界最大の織機製造工場と言われている。また、こうした高速制御が可能な複合的な機械製造技術は他分野にも転用され、ボトリング・システム(瓶詰め機械)で世界一の澁谷工業や、自動給茶装置付き回転寿司コンベア機でトップシェアを持つ石野製作所など、一風変わった機械の製造に結びついている。

更に、近年になって、パソコン周辺機器に関する企業群が急速に成長している。市内で創業したパソコン周辺機器大手のアイ・オー・データ機器は、当地の小規模な繊維工場では手が届かなかったメインフレームではなく、マイコンを利用した工場制御用の周辺機器開発からスタートした企業であり、コンピュータ関連の大手企業が手がけなかった需要に応えて成長の軌道に乗ったといえる。又、織物用の柄を修正するディスプレイ装置の開発といった、細かな需要の発掘でも、繊維工業が周辺産業へ影響を与えたことがうかがえる。

北陸地方で、最大の小売業販売額をあげる商業都市の側面もあり、百貨店・大型ショッピングセンター・ブランドショップの集積がある。特にブランドショップでは、北陸地方で唯一の出店となる店鋪が多く、その商圏が隣接する富山県に及ぶのが強み。卸売業でも、北陸地方の営業拠点を設ける企業が多く、いわゆる「支店経済」が形成されている。

金沢を代表する繁華街としては香林坊・片町界隈があげられる。百貨店大和やブランド・ショップが入居するテナントビルを核として、全長1km程度に及んで商店街が形成されている。主な商店街は香林坊商店街・竪町商店街・広坂振興会(商店街)・柿木畠振興会(商店街)・片町商店街(5TOWN'S=ファイブタウンズと称する)である。その他木倉町商店街などあるが、これらも含めた範囲も5TOWN'Sに属する。金沢の場合、他都市の様な大型店の集積に商店街という形式ではなく、それぞれの商店街が連続して全体的に総まっているというのが特徴である。それ故に、繁華街全体としてはかなりコンパクトな構造になっている。

金沢駅前にイオン系列の金沢フォーラスが進出したことで、ファッションビルを筆頭とした改装・ブランドの誘致・新築など金沢フォーラスに対抗する機運が高まっている地区でもある。

路線価・地価公示などの種類にもよるが、香林坊交差点周辺が、金沢市で最も地価が高い地点である。

一方、名古屋鉄道系の百貨店めいてつエムザと近江町市場を核とする武蔵ヶ辻を中心とした市内第二の繁華街がある。しかし、その一翼をになっていた大手スーパーダイエー金沢店が閉店したこともあり、停滞の感が否めない。現在、武蔵ヶ辻ビルの解体・商業複合ビルの建設、近江町市場の再開発、横安江町商店街の再整備等により、武蔵ヶ辻地区の再生につとめている。尚、香林坊・片町界隈同様コンパクトな構造である。

他、金沢駅前にイオン系列の商業施設フォーラスの進出や北陸新幹線金沢開業の効果により、金沢駅周辺が活性化され商業地としての地位が向上したため、金沢駅周辺のテナントビルの空室率は駅周辺再開発ビルを中心に大幅に改善傾向にある。そのため商圏は香林坊・片町地区、武蔵ヶ辻地区と金沢駅前地区と商業地の3極化という構図になり、この事を地元経済界では「中心部vs駅前」と称し、中心部の衰退を危惧する声もある。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34