☆川口市のアルバイトランキング
第1位 川口市でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 川口市での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


川口市 地域情報

川口市(かわぐちし)は、埼玉県南東部の荒川北岸に位置し、さいたま市に次ぐ、県内第2の都市。特例市に指定されている。

荒川を隔てて東京都と接することもあり、東京に通勤、通学するいわゆる埼玉都民が多い。

江戸時代には日光御成街道の宿場町として栄え、鋳物の製造でその名を知られるようになり、当時・若手女優の吉永小百合をヒットさせた映画『キューポラのある街』(1962年公開)の舞台となった。幕末の動乱期には勝海舟の指示により川口の鋳物で大砲が製造されている。しかし近年は鋳物工場も急激に減少し、今ではほとんどその姿は見られない。そして入れ替わるように1990年代からマンションが相次いで建てられ、街の風景も一変してきている。

鳩ヶ谷市、蕨市との合併構想(武南市)があったが、事前に行った市名公募のアンケート結果で、新市の名称が『川口市』が1位であったにも関わらず合併協議会で『武南市』が可決されたことに対し、民意が反映されていない、とした川口市が離脱を表明、これにより解散された。鳩ヶ谷市が合併協議会解散後に行った「合併に関する全世帯意向調査」で、「川口市との合併」が過半数に達し、編入合併についても3割以上の賛成があり、川口市に改めて合併協議を申し入れたが、川口市は時期尚早であるとした。

1995年に当時の浦和市(現・さいたま市)にその座を譲るまで、県内最多の人口を誇っていた。 また2006年10月26日には、住民基本台帳と外国人登録に基づく登録人口が50万人に達した。

埼玉県の「中央地域」と呼ばれる県南東部JR京浜東北線・高崎線沿線地域(北足立地域)のうち、南端に位置する市の1つ。

北をさいたま市、西を蕨市と戸田市、東を越谷市と草加市、南東を東京都足立区にそれぞれ接し、南西は荒川を隔てて東京都北区と接する。そして鳩ヶ谷市を南側の一部を除いてほぼ取り囲んでいることから、川口市域は馬蹄形の様相を呈した形状になっている。

東部地区(戸塚、神根、安行、新郷など)は「大宮台地鳩ヶ谷支台」が南北に走る高台になっているが、それ以外のほとんどの地域は低地に相当する。低地部分は住宅地などの都市的な機能、台地部分は畑・樹木畑など近郊型農地としての土地利用が多い。また、芝川が中央部を縦断するように流れ、市域はおおむね東西に二分される。

市役所や川口駅のある中心市街地は南西部に位置する。東京都心から10数kmの距離にあり、また東京特別区部に半ば食い込むような位置関係にある市南西部は、戦前の比較的早い時代から都市化が進んだ。従って中央・横曽根・南平柳の各地区及び北部を除く青木地区は、首都圏整備法上の既成市街地としての指定を受けている。

蕨駅周辺は川口市と蕨市の境界に近接していることもあり、違法駐輪の自転車が大宮駅に次いで埼玉県内でも特に多い駅とされている。駅周辺に自治体の駐輪スペースはあるが利用率は決して高くない。これは川口市民には川口市内のスペース、蕨市民には蕨市内のスペースしか利用できないことと、蕨駅西口側にあるマンモス団地、都市再生機構(旧住宅都市整備公団川口芝園団地などの影響が大きい。川口、蕨、鳩ケ谷の合併が実現していれば行われたであろう蕨駅西口の再開発と併せて損失といえる。(ただし、この再開発は国からあまり重視すべきでない再開発として名前を挙げられている。)

河川 荒川、芝川(新芝川を含む)、綾瀬川、藤右衛門川、緑川、竪川、菖蒲川
水路 見沼代用水

川口市は工業都市として名高い。中でも最も有名な産業は、映画「キューポラのある街」にも取り上げられたように鋳物工業であるといえよう。

江戸時代に農閑期の副業としてはじまった鋳物工業は、荒川の砂や粘土、消費地江戸への舟運に恵まれて発達した。鍋、釜などの日用品のほか、幕府や諸藩の大砲や砲弾の鋳造が行なわれていた。明治維新後は永瀬庄吉ら先覚者の技術改良や日清、日露戦争、第一次世界大戦による好況に支えられ、(旧)川口町(現川口駅南東側一帯)は県下最大の工業都市に発展した。その後昭和恐慌によって打撃を受けたが、第二次世界大戦後いち早く民需に切り換えて復活、全国有数の鋳物の街となった。

しかし大半が従業員30人未満の中小企業である鋳物業者は、京浜工業地帯の大企業の下請生産が多いため不況の影響を受けやすいという弱みがあった。また東京に近いことから1960年代以降は急激に都市化が進み、地盤沈下や騒音などの公害がひどくなったため、1965年以後、市街地からの工場の計画的移転が実施されるに至った。1971年までに川口駅近くに点在していた鋳物工場は新郷地区などの郊外工業団地へ移り、駅西口にあった旧工業技術院公害資源研究所は茨城県つくば市に移転した。

さらに1970年代以降、鋳物工場の跡地にマンションが建設される傾向が続いている。このような工場街一帯は一般に都市計画の用途地域上工業地域や準工業地域といった形態規制の緩い地区に指定されており、より高いマンションが密集して建ちやすいという傾向がある。このため川口駅東口周辺の人口密度は非常に高い。

ほかに荒川近辺では、釣竿にも長い伝統技術が伝えられている。

首都東京と政令市さいたま市に挟まれている川口市は、ほかに隣接する戸田、蕨、鳩ヶ谷、越谷、草加の各市に依存する面も強く、川口市の形から見る分割された地域の構成が成されているため、人口ほどの商業基盤はみられない。しかし川口駅を中心とする駅前などに商業地域が形成されているほか、主要道路沿いにロードサイド店舗の立地が見られる。大型店舗としては、以下のようなものが挙げられる。なお、川口市街地以外での店では「川口店」などと表記することは珍しく、「川口」の名称と住所名をあわせた表記や、単に住所名か後述の地区名、他市に近い地域ではその他市の地名の名称での表記する場合もあるが、いずれも川口市内に存在する。

【川口駅前】

そごう川口店
CUPO・LA(キュポ・ラ)
かわぐちCASTY(キャスティ)
Ario川口(主なテナント イトーヨーカ堂、MOVIX、須原屋、HMV)
【郊外】

ダイヤモンドシティ・キャラ(主なテナント ジャスコ、スポーツオーソリティ、ラオックス、須原屋、無印良品)
グリーンシティ(主なテナント ジャスコ、ユニクロ、アカチャンホンポ)
Mielかわぐち(主なテナント ヤオコー、ヤマダ電機、アルペン (企業))

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34