☆青葉区のアルバイトランキング
第1位 青葉区でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 青葉区での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


青葉区 地域情報

区の東側は東名高速道路(第一東海自動車道)と国道246号が走っており、それに沿うようにして東急田園都市線が走っている。区の西側は横浜高速鉄道こどもの国線が走っている。区の北西側は、東京都町田市や川崎市麻生区が接している。

地勢上、横浜都心部よりも、東京都心部に通勤通学する人が多く、このことを揶揄して「青葉都民」や「横浜都民」などとも言われている。東京都内への就業率は6割以上に達すると言われ、横浜市内で市外就業率が一番高い。

東急田園都市線の市が尾駅周辺は青葉区役所、青葉警察署(旧緑北警察署)、県税事務所、緑税務署などを擁する行政上の区の中心部である。区の中心を南北方向に鶴見川が貫流する。人口は港北区についで2番目に多い。

市町村制施行前は現在の青葉区の区域は都筑郡恩田村、奈良村(後に田奈村)、下谷本村、上谷本村、成合村、鴨志田村、寺家村、鉄村、黒須田村、大場村、市ヶ尾村(後に中里村)、荏田村、石川村(後に山内村)、大棚村、牛久保村であった。
1889年4月1日 市町村制施行により、都筑郡田奈村、中里村、山内村、中川村が誕生。
1939年4月1日 都筑郡田奈村、中里村、山内村、中川村が横浜市港北区に編入。
1969年10月1日 港北区から分立し緑区になる。(旧中川村の地域を除く)
1986年11月 緑区北部支所を市ヶ尾町に開設。分区準備期間に入る。(山内支所を閉鎖)
1994年11月6日 港北区と緑区を再編し青葉区・都筑区を新設。
大部分は旧緑区から変更されたが旧港北区から青葉区になった地区もある。現在の新石川四丁目20番地付近・国道246号線東京方面沿いの地区がそれで、再編前は旧港北区中川町及び牛久保町であった。この地区はマンション群があり100世帯ほどが居住している。
発足当時の青葉区役所は、緑区北部支所の場所を受け継いだものであったが、現在の青葉区役所は福祉保健センター(旧保健所・旧福祉事務所)や公会堂・スポーツセンターなどが併設された青葉区総合庁舎となっている。
1998年3月20日 東名高速道路横浜青葉インターチェンジ開設。
2002年10月20日 コミュニティ放送局、FM-salusが開局。

青葉台一~二丁目
区内最大商業地域
あかね台一~二丁目
あざみ野一~四丁目
あざみ野南一~四丁目
市ケ尾町
区の行政中心地域
美しが丘一~四丁目
美しが丘西一~三丁目
梅が丘
荏子田一~三丁目
荏田北一~三丁目
荏田町
荏田西一~五丁目
榎が丘
大場町
恩田町
柿の木台
桂台一~二丁目
上谷本町
鴨志田町
鉄町
黒須田
桜台
さつきが丘
寺家町
下谷本町
しらとり台
新石川一~四丁目
すすき野一~三丁目
すみよし台
たちばな台一~二丁目
田奈町
千草台
つつじが丘
奈良一~五丁目
奈良町
成合町
藤が丘一~二丁目
松風台
みすずが丘
みたけ台
緑山
もえぎ野
元石川町
もみの木台
若草台

寺家ふるさと村
東急田園都市線青葉台駅からバスで青30・寺家町循環行きに乗り「寺家ふるさと村」下車、または青31・鴨志田団地行きに乗り終点下車徒歩2分。
こどもの国
横浜高速鉄道こどもの国線で終点「こどもの国」下車徒歩3分、または小田急線鶴川駅や東急田園都市線青葉台駅から奈良北団地方面行きバスで「こどもの国」下車。
佐藤春夫旧居跡(鉄町)
『田園の憂鬱』を執筆。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34