☆磯子区のアルバイトランキング
第1位 磯子区でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 磯子区での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


磯子区 地域情報

市の東南に位置し、根岸湾に面する。沿岸部の低地の大半は埋立地であり、それを囲むように丘陵地が広がっている。区内の大部分は宅地化されているが、南部の円海山周辺には緑地が残されている。 氷取沢一帯は、大岡川の水源となっている。

かつて山手・根岸から延びる沿岸丘陵の隆起は海岸までせり出し、現在でも京浜急行屏風ヶ浦駅の地名にその残影が残る。丘陵部は横浜開港時より根岸湾遠景が尊ばれ避暑地として別邸や別荘を構えるものが多く、旧プリンスホテル跡地やひばり御殿等が歴史に名をとどめる。明治から昭和にかけて数回に渡り丘陵部手前の埋立てが行われ、県道(現在の国道16号)が根岸湾に沿って整備された。また関内・伊勢佐木町から同区八幡橋・芦名橋を経由し杉田迄市電が延伸され人口の集積が進んだ。当時の区勢は国道16号や掘割川周辺から丘陵部までの低地にある住宅街に偲ぶことができる。

1960年(昭和35年)頃から根岸湾の埋立てが行われ、重化学工業地帯が誕生した。埋立に利用した土砂は丘陵部のものを利用し、その際に同時整備したのが現在の汐見台である。当初から電気・ガス等ライフラインを地下埋設にし、全車道に歩道が設置され、下水道完備、保存緑地等、昭和30年代当時としてはかなり最新構造の都市基盤をもって整備された。その後のライフライン地下埋設は横浜都心部や港北ニュータウンで整備されていくが、現在に至っても横浜市全域の都市基盤へ応用されるには至っていない。昭和40年代には桜木町から国鉄(現JR東日本)根岸線が延伸され、沿線丘陵部の宅地開発が進み、昭和50年代には駅周辺のマンション建設が進み、昭和60年代迄人口が急増した。

現在では根岸線に加えて、首都高速道路湾岸線、国道16号、横浜市道環状2号、横浜市道環状3号による交通網に支えられ、都市基盤完成度では横浜市内屈指に至る。新規分譲住宅地が少ない為、以前の人口急増は過去のものとなったが、古くからの住宅地では高齢化も進み、若年層流出により商店街の維持を困難にしている地域もある。戦後初期にベッドタウン化を経験した区である為、今後の高齢化も他区より先行することが予測され、今後の地域活力の維持が大きな課題である。

既に区民の6割以上が横浜生まれであり、中区や南区に次ぎ、区民の横浜出生比が高い区である。

上町(かみちょう)
馬場町(ばばちょう)
坂下町(さかしたちょう)
下町(しもちょう)
東町(ひがしちょう)
西町(にしちょう)
鳳町(おおとりちょう)
原町(はらまち)
丸山(まるやま)一~ニ丁目
滝頭(たきがしら)一~三丁目
広地町(ひろちちょう)
中浜町(なかはまちょう)
久木町(ひさきちょう)
磯子(いそご)一~八丁目
磯子台(いそごだい)
岡村(おかむら)一~八丁目
新磯子町(しんいそごちょう)
新森町(しんもりちょう)
新中原町(しんなかはらちょう)
新杉田町(しんすぎたちょう)
汐見台(しおみだい)1~3丁目
森が丘(もりがおか)一~ニ丁目
森(もり)一~六丁目
中原(なかはら)一~四丁目
栗木(くりき)一~三丁目
田中(たなか)一~ニ丁目
杉田(すぎた)一~九丁目
杉田坪呑(すぎたつぼのみ)
上中里町(かみなかざとちょう)
氷取沢町(ひとりざわちょう)
峰町(みねちょう)
洋光台(ようこうだい)一~六丁目

面積 19.02km2
総人口 164,304人
(2007年7月1日)
隣接自治体・行政区 横浜市:中区、南区、金沢区
港南区、栄区
区の木 梅
区の花 コスモス

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34