☆西武池袋線のアルバイトランキング
第1位 西武池袋線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 西武池袋線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


西武池袋線 地域情報

池袋線(いけぶくろせん)は、東京都豊島区の池袋駅と埼玉県飯能市の吾野駅を結ぶ西武鉄道の鉄道路線である。

吾野駅で接続する西武秩父線は実質的に本路線の延長だが、運転系統は特急などを除きスイッチバックのある飯能駅で分割されている。そのため、池袋線は池袋~飯能間の路線であると思われがちであり、多くの地図などでも誤った記載が見られる。

また、西武有楽町線を経由して東京地下鉄有楽町線・有楽町新線との相互直通運転、西武秩父線経由で秩父鉄道線への直通運転(片乗り入れ)も行っている。また、2008年6月の東京地下鉄副都心線の開業時には同時に同線との直通運転を行うことも決定している。

この区間は複線で、池袋駅~江古田駅までは地上を走っている。池袋~椎名町間はカーブが続く。

また、椎名町駅・桜台駅では10両編成の列車が停車できるよう工事が進められている。

東長崎駅は駅舎工事が行われており、すでに完成しているホームは10両編成が停車できる。また、発車時のメロディの音程が違う。

練馬から複々線となる。練馬を出た後は、練馬区役所が見えてくる。途中で目白通りを通った先には、中村橋駅が見える。

中村橋駅を出ると、途中で練馬区立美術館と練馬第三小学校が見えており、そのすぐには富士見台駅が見える。中村橋駅~富士見台駅は駅間距離が近く、互いに隣同士の駅が見えるほどである。

富士見台駅を出ると、途中で石神井東小学校を通過し、石神井川を越えると練馬高野台駅に着く。高架区間と複々線もここで終わりだが今後石神井公園駅まで高架になる。

練馬高野台駅を出ると、笹目通りと交差し、勾配20‰を下り、地上に戻る。そして、石神井公園駅に到着する。

石神井公園駅を出るとひたすら住宅街や畑を通過する。途中東京都道444号下石神井大泉線の踏切までの直線区間は、高架複々線化用地として線路脇に空地が広がっている。大泉高校付近で右へカーブししばらくすると大泉学園駅に到着する。大泉学園駅は後述の狭山ヶ丘駅同様、当線の中でも特にホームがカーブしている駅である。

大泉学園駅を出てゆめりあの間を抜けてもまだしばらくカーブが続き、直線になると東京都道233号東大泉田無線(保谷街道)とほぼ平行して走る。保谷街道の踏切を越えると保谷駅に到着する。

保谷駅を出ると、右手に保谷電留線が見える。保谷駅~ひばりヶ丘駅間の保谷高校付近に大きなカーブが存在し、池袋線で有名な撮影スポットの一つとなっている。カーブが終わり直線になり、東京都道36号保谷志木線の踏切を過ぎるとひばりヶ丘駅が見えてくる。

西武池袋線の駅一覧

池袋駅
椎名町駅
東長崎駅
江古田駅
桜台駅
小竹向原駅
新桜台駅
練馬駅
豊島園駅
中村橋駅
富士見台駅
練馬高野台駅
石神井公園駅
大泉学園駅
保谷駅
ひばりヶ丘駅
東久留米駅
清瀬駅
秋津駅
所沢駅
西所沢駅
下山口駅
西武球場前駅
小手指駅
狭山ヶ丘駅
武蔵藤沢駅
稲荷山公園駅
入間市駅
仏子駅
元加治駅
飯能駅
東飯能駅
北飯能信号所
武蔵丘信号所
高麗駅
武蔵横手駅
東吾野駅
吾野駅
西吾野駅
正丸駅
正丸トンネル信号所
芦ヶ久保駅
横瀬駅
西武秩父駅

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34