☆相模原市のアルバイトランキング
第1位 相模原市でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 相模原市での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


相模原市 地域情報

相模原市(さがみはらし)は、神奈川県北部にある市。

相模原市は、神奈川県内では横浜市、川崎市についで第3位の人口規模を擁する中核市。2007年3月11日の2町の編入合併により人口は70万人を越え、全国で第19位、政令指定都市でない市では岡山市を抜いて日本一人口の多い市となった(人口約85万人の東京都世田谷区を一つの市とみなさない場合)。現在、2010年3月末までの政令指定都市移行を目指している。

経済面や鉄道・道路などの地理上、東京都・特に多摩地域とのつながりが強く、町田市と共に首都圏南西部の核として国から位置づけられている(首都圏業務核都市指定都市)。しかし、東京都心まで電車で約35分程度(相模大野より小田急小田原線の快速急行の場合)であり、ベッドタウンの面が強く、業務機能の集中は弱いのが現状である。そのため、全国で唯一、中心市街地法で都市核が複数(橋本・相模大野)認められている都市であり、ヘソのない街として知られる。

2006年3月の合併以前の旧相模原市域は、隣接する町田市との経済的、地理的、文化的関わりが深く、共に業務核都市に一つの都市として指定されている。近年、東京都心へ旧市域南部の相模大野から30分ほど、旧市域北部の橋本から35分ほどで行けるその交通の利便性から、東京のベッドタウンとしての人気が高まり人口が爆発的に伸びる。特に20代、30代、50代周辺の人口が多く、市全体を活気ある雰囲気にしている。市内には相模原公園や相模原北公園をはじめとした大規模な公園が点在していることや、比較的自然な環境が近いことなどから若年世帯を中心とした人口の流入が続いている。市内に大学が多いことや、周辺都市の大学も相模原市内の駅を最寄とする場合が多く、更に多数の大学を抱える八王子市への交通が便利なため、学生の街としての顔も併せ持つ。また、市内には宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究本部相模原キャンパス(開所時は宇宙科学研究所)があり、日本の宇宙科学の研究拠点として知られる。

また編入した旧津久井郡4町のうち、城山町と津久井町は橋本駅を最寄り駅として利用しており、国道413号(津久井街道)を介して相模原市中心部との結びつきがあるのに対し、相模湖町と藤野町は相模原市中心部よりも、JR中央本線や国道20号(甲州街道)を介して、八王子市との結びつきの方が強い。

相模原市の小売店舗数は、県下で第4位。年間販売額は、横須賀市を抜き、横浜市、川崎市に次いで第3位。4300店あまりの小売店が市内各所に活気ある商店街を形成している。「暮らしのニーズに応える高感度商業の振興」をメインテーマに、商店・商店街の活性化、ベンチャー企業の創出、魅力ある商業地づくりなどが目指されている。

市民ニーズに対応できる多様で個性的な商業地を形成する目的で、橋本・相模原・相模大野各駅周辺地区が中心商業地に、淵野辺・上溝・小田急相模原・東林間・古淵各駅周辺の地区が地区中心商業地に位置付けられている。相模大野駅西側、小田急相模原駅東側では現在、再開発が計画されており、一部では事業が始まっている。また、再開発が一段落した橋本駅北側でも、さらに超高層マンションの計画や、南側が緊急都市再生地域に指定されたことによる再開発計画が検討されている。

市内全域に蕎麦屋チェーンである「増田屋」の数が多く、店舗数は「吉野家」や「マクドナルド」と競る多さである。

市内にある企業規模に比べ、ビジネスホテルの数が少ない事から、遠方より出張に来るサラリーマンはあまりいないものと思われていた。だが、2007年6月に「東横イン」が相模原駅前にオープンする予定である。

相模原駅、小田急相模原駅周辺及び町田駅南側の相模原市域の裏路地は風俗店が乱立している。

また、相模原市は人口構成、人口伸び率、立地などの観点から新規出店や新発売商品のマーケティング実施地域として有名で、中でも国道16号線沿線は郊外バイパスのロードサイド商業施設の「激戦区」とされ、全国展開の成否を占ううえでの試金石とされることが多く、様々な商業施設の日本第1号店が市内各地にある。(例:BOOK OFF)

相模大野駅周辺地区の商業は、近くに相模女子大学、北里大学、女子美術大学などがあるため、学生の購買力を期待しがちだが、実のところ購買力はほぼ期待できず、撤退/開店が繰り返されている。これは、駅ビルの商業形態が幾度も変更された事でも証明される。

知る人ぞ知るラーメンの町
アイワールド相模原店~市役所周辺にある「中央大通り」周辺に、2006年12月に出来た相模原拉麺横丁を核に、かなりの数のラーメン店が点在しており、別名「ラーメンストリート」の異名を持っている。(ジャンルを選ばず古今東西のラーメン店があり、不人気店は廃業に追い込まれる事から、ラーメンコロッセオとも呼ばれる。)また、ラーメン情報誌等でも、旧相模原市全域に渡りラーメン激戦区とかラーメン王国と記される事がある。(中央大通りを核にまばらながら味自慢の有名ラーメン店が放射状に分布していて、北は橋本・城山周辺、南は淵野辺周辺、西は田名・愛川町方面、東は八王子市南大沢付近にまで伸びている、また相模大野や町田駅周辺にも別のラーメンエリアが存在する。)全国各地の有名店の暖簾分けの店も多く進出し、またその味を求め週末は全国からラーメン愛好家達が集結する。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34