☆丸の内線のアルバイトランキング
第1位 丸の内線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 丸の内線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


丸の内線 地域情報

丸ノ内線(まるのうちせん)は、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。東京都豊島区の池袋駅~杉並区の荻窪駅間を結ぶ本線と、中野坂上駅~方南町駅間を結ぶ分岐線(通称:方南町支線)から構成される。正式名称は4号線丸ノ内線および4号線丸ノ内線分岐線である。なお、新宿~荻窪間と中野坂上~方南町間は開業当時は荻窪線と呼ばれていた。

路線名の由来は金融関連や大企業の本社が集中する丸の内から(1970年の町名変更により、千代田区「丸ノ内」は「丸の内」と表記されるようになった。地下鉄線の表記は「丸ノ内線」のまま変更されていないため、しばしば混同されることもある)。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「レッド」(赤):○M(本線)、m(方南町支線)。但し、方南町支線は誤乗車防止のため車体にはさらに「ブラック」(黒)の帯が入る。

1962年(昭和37年)の都市交通審議会答申第6号では、東京4号線は荻窪および方南町の各方面より中野坂上・新宿・赤坂見附・西銀座(現:銀座駅)・春日町・池袋および向原(小竹向原駅)の各方面を経て成増方面に至る路線として示されている(その後、池袋以西は8号線として切り離された)。

このうち、最初に開業した池袋~御茶ノ水間は、営団地下鉄(現・東京地下鉄)銀座線、大阪市営地下鉄御堂筋線・四つ橋線に次ぐ日本4番目の地下鉄として開業した。その後、丸の内経由で新宿方面へ順次延伸され1959年までに全通、さらに丸ノ内線の延長線として荻窪線が建設され1962年までに全線開業し、同線の車庫(中野検車区)への回送線も兼ねた方南町支線が建設され、同年に全通、1972年に荻窪線を丸ノ内線に編入して現在の路線網を形成した。

300形電車をはじめ900形電車が大活躍し、02系電車が登場するまでの長きに渡り、子供向けの「のりものずかん」「のりもののしゃしん」といった類いの冊子では、必ずと言ってよいほど、丸ノ内線が描かれたり写真が掲載されていた。特に写真撮影ポイントとしては、初代の後楽園駅ホームを「かまぼこ形」屋根ですっぽり覆い、当時の交通営団の団章である「S」マークの下を発車する銀座方面への「赤い列車」の風景と、御茶ノ水附近で国鉄中央線・総武線各駅停車と神田川とが錯綜する光景が、「お約束」の如く掲載されていた。風光明媚かつ都心の風景を象徴的に表す光景に加え、丸ノ内線が第三軌条方式で運転されるため、架線などの邪魔が入らなかったのも撮影者からは好まれたのだろう。

東京の地下鉄(東京メトロ・都営地下鉄)の路線では唯一東京駅に乗り入れており、池袋駅から東京駅、新宿駅を経て荻窪駅までのルートはU字形になっている。また荻窪~御茶ノ水~東京間では、JR中央線との並行区間および乗り換え駅の多さが目立つ。そして、茗荷谷~後楽園間、御茶ノ水~淡路町間の神田川橋梁、四ツ谷駅と、地上区間がこまめに存在するのも丸ノ内線の特徴である。

赤坂見附駅に銀座線への連絡線があり、同線車両の点検整備のための中野工場への回送や、同線車両による隅田川花火大会(新宿発浅草行)などのイベント臨時列車運行時に利用されることがある。

銀座線と同様に第三軌条集電方式を採用しているため、ポイント部分など軌条が途切れている区間があり、500形などの旧型車両では一瞬室内灯が消えて非常灯が点くことがあった(通称、瞬間停電との呼び名があった)。なお、当線の建設以降は郊外各線との直通を行うため架空線式で建設されたため、東京では最後の第三軌条方式の採用となった(首都圏全体ではその後1972年に横浜市営地下鉄ブルーラインが第三軌条方式で開業している)。

1995年3月に発生した無差別テロ事件「地下鉄サリン事件」の現場となってしまった路線の一つであり、多数の死傷者を出している。

1990年代後半に荻窪から朝霞方面への延伸に関する陳情が都議会で出されていたが、結局消滅した。

池袋 新大塚 茗荷谷 後楽園 本郷三丁目 御茶ノ水
淡路町 大手町 東京 銀座 霞ヶ関 国会議事堂前
赤坂見附 四ツ谷 四谷三丁目 新宿御苑前 新宿三丁目 新宿
西新宿 中野坂上 新中野 東高円寺 新高円寺 南阿佐ヶ谷
荻窪

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34