☆日比谷線のアルバイトランキング
第1位 日比谷線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 日比谷線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


日比谷線 地域情報

日比谷線(ひびやせん)は、東京都足立区の北千住駅~目黒区の中目黒駅間を結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。正式名称は2号線日比谷線である。

路線名の由来は日比谷公園のある日比谷から。車体及び路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「シルバー」(銀)

1962年(昭和37年)の都市交通審議会答申第6号において、東京2号線は、中目黒方面より六本木・霞ヶ関・築地・茅場町・上野及び三の輪(三ノ輪駅)の各方面を経て北千住方面に至る路線として示された。その後、北千住より竹ノ塚・松原団地・北越谷方面へと延長された。1985年(昭和60年)の運輸政策審議会答申第7号では、竹ノ塚~北越谷間の東武線複々線化が示されている。このうち中目黒~北千住間は日比谷線として順次開業した。

都内の北東の北千住と西南の中目黒を、途中銀座を中心として上野・築地・霞ヶ関・六本木など、要所を経由する路線である。北千住~南千住は隅田川を渡るため地上区間になっている。両端の駅では接続する東武伊勢崎線・東急東横線と直通運転をする。ほとんどが開削工法で建設されたため、道路の下を通り、平面線形は半径200m以下で90度曲がるような急カーブが連続する。

1964年の東京オリンピックに間に合わせるため、突貫工事で建設された(ほぼ同時期に建設された都営浅草線は全線開通がオリンピックに間に合わず開催期間中は工事が休止された)。

東武伊勢崎線から都心方向へ向かう直通ルートとしては半蔵門線もあるが、運行頻度や運賃、所要時間などの面で日比谷線(あるいは千代田線)が優位に立つケースが多いため、半蔵門線開業後も混雑はさほど解消していない。

北千住駅で東武伊勢崎線(東武動物公園駅まで。車両運用の都合上平日朝1本に南栗橋駅始発の直通あり)と、中目黒駅で東急東横線(菊名駅まで)とそれぞれ相互直通運転を行っている。日中の東武線直通運用は10分間隔であるが(北越谷駅までの東武線内の各駅停車は全て直通列車。以遠は、新越谷駅より先は各駅停車となる区間準急があるため、直通列車の本数は減少する)、約半数は北千住駅で折り返す運用となっている。

東横線へは朝夕ラッシュ時に10~15分間隔で菊名・武蔵小杉駅まで、日中は30分間隔で主に日吉駅まで運行される。日中や休日の東横線への直通本数は、2001年の東横特急運転開始時から大幅に削減された。

またラッシュ時には南千住、霞ヶ関、六本木行きも存在する。

東京メトロ03系以外の車両は、東武車・東急車はお互いの保安装置を持っていないため、3社直通運転は行われていない。東武線からの直通は中目黒まで、東急線からの直通は北千住までである。しかし50S以降の偶数番の車両は1日で東急線・東武線(直接ではなく東急線~北千住~中目黒~東武線)に乗り入れる運用も組まれている。

なお、行楽シーズンには北千住から横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅まで直通運転する臨時列車(みなとみらい号、開始当初は横浜みらい号)が運転されることがある。この列車は日比谷線内でも急行運転を行う(途中停車駅は上野・仲御徒町・秋葉原・人形町・茅場町・八丁堀・東銀座・銀座・日比谷・霞ケ関駅・六本木・恵比寿)。この列車は以前にも2003年12月に東京ミレナリオ号として急行運転を行ったことがある。

車両基地は南千住と竹ノ塚にある。竹ノ塚検車区は元の東武鉄道の西新井車庫を譲渡されたものである。

北千住 南千住 三ノ輪 入谷 上野 仲御徒町
秋葉原 小伝馬町 人形町 茅場町 八丁堀 築地
東銀座 銀座 日比谷 霞ヶ関 神谷町 六本木
広尾 恵比寿 中目黒

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34