☆東西線のアルバイトランキング
第1位 東西線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 東西線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


東西線 地域情報

東西線(とうざいせん)は、東京都中野区の中野駅から千葉県船橋市の西船橋駅を結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。正式名称は5号線東西線である。

路線名の由来は東京を東西に直通する意味から。車体及び路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「スカイ」(水色):○T。タバコの「ハイライト」の色から取られたという。そのため、当時の営団内ではラインカラーはハイライトブルーと呼ばれていた。

1962年(昭和37年)の都市交通審議会答申第6号において、東京5号線は中野方面より高田馬場・飯田橋・大手町・茅場町および東陽町の各方面を経て船橋方面へ向かう路線として示された(当答申では、5号線の終点が東陽町から船橋に変更されて国鉄線と接続することが示された他、5号線の分岐線である大手町~下板橋間が6号線として切り離された)。その後1964年(昭和39年)には、経由地を浦安・行徳とし、西船橋で総武線と接続するよう答申が改訂された。さらに1985年(昭和60年)の運輸政策審議会答申第7号では西船橋~勝田台間の新設が示されている。このうち、中野~西船橋間は東西線として順次開業した。

線形が良い地上区間は軌道改良も行われており、現在は60kgのレールが採用されている。これはJR線では新幹線や主要幹線クラスに採用されるレールであり(一般的には50kgが主流)、大量高密度輸送と高速運転を支える要となっている。

最大の特徴は南砂町~西船橋間の地上区間である。地上区間を比較的多く持つ地下鉄はほかにも存在するが、全線の半分を占める約14kmという長大な地上区間を持つ地下鉄は、日本では東西線のみである。比較的急カーブの少ないこの区間は、営団が各新車両の開発段階において様々な試運転を重ねデータを集めたという功績がある。

東西線は元々JR総武線のバイパス的役割を持って建設された路線であるが、この区間は建設当時密集地が殆ど無かったため、建設費節減の意味から高架線で建設され、当初は「住宅の無い過疎地に過剰投資」と批判もされた。だが東西線の開業により、都心までの通勤が一挙に便利な区間となり、起点の西船橋以遠のJR線(および次いで開業した東葉高速線)からの中・長距離通勤客の流入で混雑、さらに近年は沿線、特に江東区~船橋市一帯でのさらなる大規模マンションや宅地開発が進行したため、それらの近距離通勤客も加わって、以下の変化がもたらされた(各々の詳細については次章以降でもさらに解説している)。

この区間を一部の駅にしか止まらない、快速運転の実施。
西葛西駅、南行徳駅、妙典駅の新設。途中駅が新設された路線は他の地下鉄にも存在するが、3駅も新設されたのは東西線だけである。
ほぼ同時期に東京駅に乗り入れたJR総武快速線と共に、千葉県南西部と東京都心を短絡する大動脈となり、競合する京成本線の最混雑区間を、日暮里駅から京成船橋駅に後退させた。
他にも平均乗車距離の長さ、朝と昼の混雑率の差、定期券利用客率の高さがいずれも、東京メトロの路線ではトップクラスの座に位置し、この区間はもはや都心部を走る地下鉄というよりも、郊外へ延びる通勤路線の一つとしてとらえることもできる。

中野 落合 高田馬場 早稲田 神楽坂 飯田橋
九段下 竹橋 大手町 日本橋 茅場町 門前仲町
木場 東陽町 南砂町 西葛西 葛西 浦安
南行徳 行徳 妙典 原木中山 西船橋

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34