☆有楽町線のアルバイトランキング
第1位 有楽町線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 有楽町線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


有楽町線 地域情報

有楽町線(ゆうらくちょうせん)は、埼玉県和光市の和光市駅から東京都江東区の新木場駅までを結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線である。

正式名称は小竹向原駅~新木場駅間が8号線、和光市駅~小竹向原駅間が13号線であるが、国土交通省監修『鉄道要覧』では和光市駅~新木場駅間が8号線有楽町線と記載されている。

路線名の由来は銀座に次ぐ繁華街の有楽町から。車体及び路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「ゴールド」(金)

1972年(昭和47年)の都市交通審議会答申第15号において、東京8号線は、保谷駅~練馬駅~小竹向原駅~豊洲駅~湾岸(新木場駅)間及び豊洲駅~亀有駅から武蔵野線方面までの路線とされ、それまで8号線とされていた志木~向原間は東京13号線に組み込まれた。その後1985年(昭和60年)の運輸政策審議会答申第7号において、保谷~練馬間の複々線化、練馬~新桜台間・新富町~新木場間・豊洲~亀有間の新設が示された。このうち小竹向原駅~新木場駅間は有楽町線として順次開業した。

一方上記答申第15号にて新たに13号線とされた小竹向原以西については、渋谷駅~池袋駅~小竹向原駅~和光市駅~志木駅のうち池袋駅~小竹向原駅~志木駅間が建設され、このうち小竹向原駅~和光市駅間が有楽町線として、和光市駅~志木駅間が東武東上線の線増分(複々線化)としてそれぞれ開業した(ただし池袋駅~営団成増駅間延伸時は、まだ13号線の認可が下りていなかったため、小竹向原駅以西の13号線部分は8号線に編入したうえで8号線の予算で建設された。開業後に13号線に戻されている。[1])。なお、13号線の小竹向原駅~池袋駅(新線池袋駅)間は有楽町線新線として既に営業(ただし、同駅間の千川駅、要町駅については未開業)しており、有楽町線の複々線となっている。

今後の整備計画として、8号線については豊洲駅から分岐して野田市駅までの延伸計画がある(詳細は地下鉄8号線延伸構想の項を参照)。また、13号線については新線池袋駅から西早稲田、新宿三丁目を経て渋谷駅に至るルートが2008年6月の開業に向けて現在建設中である(詳細は東京地下鉄副都心線の項を参照)。

建設目的の一つには、車体規格が小さく路線有効長も短いことから輸送力増強に限界のある丸ノ内線の混雑緩和があった。しかし乗り換えが不便であったことから、当初は乗り換えの便の良い丸ノ内線を継続利用するケースが多かったと見られ、日比谷線に対する千代田線ほどの開業効果があったとは言い難い。

また、1974年の銀座一丁目~池袋間の開通にあたり、当時の営団として丸ノ内線中野坂上駅に次いで自動改札が導入された。これは、当該区間では他線との改札内連絡がなかったため、自動改札の実験線区として好適だった理由による。しかし、非自動化券を自動改札に投入されるトラブルが相次ぎ、営団成増(現・地下鉄成増)延長時に撤去され、試みは失敗した。当時関西においては自動改札の導入が順調に進んでいたが、この営団の失敗により、首都圏での自動改札の導入は大きく遅れることとなった。

沿線には、警察庁・警視庁・皇居・国会議事堂といった日本の重要機関・施設や、講談社・TBS・日本テレビ(旧本社)・FM東京・朝日新聞・スポーツニッポンといった報道機関や出版社が存在する。

和光市 地下鉄成増 地下鉄赤塚 平和台 氷川台 小竹向原
千川 要町 池袋 東池袋 護国寺 江戸川橋
飯田橋 市ヶ谷 麹町 永田町 桜田門 有楽町
銀座一丁目 新富町 月島 豊洲 辰巳 新木場

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34