☆半蔵門線のアルバイトランキング
第1位 半蔵門線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 半蔵門線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


半蔵門線 地域情報

半蔵門線(はんぞうもんせん)は、東京都渋谷区の渋谷駅から墨田区の押上駅までを結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)の鉄道路線。正式名称は11号線半蔵門線である。

路線名の由来は徳川家康の家臣・服部半蔵正成の屋敷の側にあった事から名が付いた江戸城の門の一つ、「半蔵門」から。車体及び路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「パープル」(紫)

1972年(昭和47年)の都市交通審議会答申第15号において、東京11号線は、二子玉川園駅(現・二子玉川駅)~渋谷駅~半蔵門駅~蛎殻町(水天宮前駅)~深川扇橋駅間の路線とされた。その後1985年(昭和60年)の運輸政策審議会答申第7号において、蛎殻町(水天宮前駅)~住吉駅~四ツ木駅~松戸駅間が追加され終点が松戸まで延長された。このうち渋谷駅~押上駅間が半蔵門線として順次開業している。

千代田線、有楽町線に次ぐ「バイパス3路線」の1つで、銀座線の混雑緩和を狙いとしていたが、反対運動が発生したこと、さらにバブル崩壊とそれに伴う営団の減収などが原因で全通が当初予定より大きく遅れることとなった。

東京メトロの路線の中で全駅間の所要時間が最も短く(距離は銀座線の方が2.5km短い)、また現在東京メトロの路線の中で駅数が最も少ない。ちなみに、直通運転先(東急田園都市線中央林間駅~東武日光線南栗橋駅間)を含めた運転距離は98.5kmもあり、これは東京メトロの車両としては一番のロングラン運転となる。

東京急行電鉄(東急)、東武鉄道(東武)と3社相互直通運転をしており、半蔵門線を挟んで東急側は渋谷駅から田園都市線の中央林間駅まで、東武側は押上駅から伊勢崎線久喜駅及び東武動物公園駅から分岐して日光線の南栗橋駅までそれぞれ運転される。東急田園都市線へは一部を除きすべての列車が直通しており一体的に運用されている。

東武伊勢崎線への直通列車は、押上延伸当初は日中1時間3本(約20分毎)の運転だったが、2006年3月18日のダイヤ改正から大幅に増発し、ほとんどの時間帯で1時間6本(約10分毎)となっている。なお直通列車は急行または準急(朝・深夜のみ運転)に限られる。

乗り入れ先の鉄道会社の運用・乗客案内上、各駅停車・準急・急行と3種別の表記が使用される事になるが、いずれも半蔵門線内は全て各駅停車となる(臨時列車除く)。これらの種別は1つの列車につき直通3社間で一定というわけではない。

例えば東武伊勢崎線内で急行運転でも、東急田園都市線内で引き続き急行運転とは限らない。東武伊勢崎線・日光線に直通運転する東急田園都市線の列車は渋谷駅で準急または急行に、東急田園都市線に直通運転する東武伊勢崎線の列車は押上駅で各駅停車または急行にそれぞれ列車種別が変化する。これは都営浅草線や湘南新宿ラインでも見られる運行形態である。また、南北線と同様に半蔵門線内では「各停」の表示を行わない。

渋谷 表参道 青山一丁目 永田町 半蔵門 九段下
神保町 大手町 三越前 水天宮前 清澄白河 住吉
錦糸町 押上

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34