☆浅草線のアルバイトランキング
第1位 浅草線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 浅草線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


浅草線 地域情報

浅草線(あさくさせん)は、東京都大田区の西馬込駅から墨田区の押上駅までを結ぶ、東京都交通局が運営する鉄道路線(地下鉄)。正式名称は1号線浅草線である。

全線に亘って地下を走行する。路線名の由来は下町のイメージが色濃く残り、かつ国際都市でもある浅草から。車体及び路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「ローズ」

東京都特別区の地域を、南部から中央部・墨東地域に掛けて走る。泉岳寺駅で京急本線と、押上駅で京成押上線と接続し、それぞれ直通運転を行っている(詳細は運行概況を参照)。

線区は概ね総武本線、銀座線、京浜東北線といった既設の旅客流入路線のバイパスとなる線形をとり、直通による頻発運転を行っていることもあり、朝ラッシュ時の最混雑率は121%(平成17年度)と東京の地下鉄では低いレベルにある。

収支状況は平成17年度決算で純損益約61億円の黒字[1]である

下の鉄道路線との乗り入れが存在し、相互直通運転の多様性が特色として挙げられる。大部分の列車が他社線と直通し、終点駅である押上折り返しの列車は少ない。列車は最大で4事業者に跨って運転されるが、これはパスネットにおける改札内乗継回数の上限と重なる(但し、芝山鉄道線内ではパスネット使用不可)。

押上経由
京成電鉄:押上線・本線・東成田線
北総鉄道:北総線
芝山鉄道:芝山鉄道線
泉岳寺経由
京浜急行電鉄:本線・久里浜線・空港線・逗子線
泉岳寺から南方向は京急線直通旅客の便を図り、品川・羽田空港・横浜方面への列車を多く運転している。支線的位置付けの西馬込~泉岳寺間については区間運転列車も多く存在し、日中は同区間の列車の3分の2にも及ぶ。

列車種別については、浅草線内も通過駅のあるエアポート快特があり、このほか「各駅停車」でなく「普通」の表示を用い、乗り入れ先で急行運転となる列車は「快特」、「急行」など当該種別を表示する(各駅に停車)。乗り入れ前後で種別が変わる列車もあり、種別変更は押上・泉岳寺・品川で実施される。なお、京急線に直通する普通列車は平日2本と土曜・休日1本の品川行のみである。

乗り入れ先である京急本線・北総線が20分サイクル、京成本線・押上線が40分サイクルのパターンダイヤなので、浅草線でも40分サイクルのパターンダイヤが組まれている。日中の1時間当たりの運行本数は原則として以下の通り。

西馬込駅~泉岳寺駅 6本
西馬込駅~押上駅~(普通・急行)~京成高砂駅(一部青砥駅) 3本
南行は半数が京成線内急行で、泉岳寺で始発の快特に接続。北行はすべて普通で、半数が押上でエアポート快特を退避。
三崎口駅・京急久里浜駅~(快特)~泉岳寺駅~押上駅~(普通・急行)~青砥駅・京成高砂駅 3本
北行の半数は京成線内急行。南行の半数は押上でエアポート快特を退避。
羽田空港駅~(快特)~泉岳寺駅~押上駅~(快速)~京成佐倉駅 3本
半数はエアポート快特。
羽田空港駅~(急行)~泉岳寺駅~押上駅~(普通)~印旛日本医大駅・印西牧の原駅 3本
毎時1本は印西牧の原駅発着。
全体では、西馬込駅~泉岳寺駅間が毎時9本、泉岳寺駅~押上駅間が毎時12本(うち8本に1本はエアポート快特)の運転となる。日中は泉岳寺駅で接続が図られ、西馬込発着の電車と京急線内発着の電車との乗り換えがしやすくなっている。

箱根駅伝開催日は京急蒲田駅付近にある第一京浜の踏切を選手が通過するため、毎年臨時ダイヤが組まれ、選手の通過時間に合わせ、一部の羽田空港行きが京急川崎行きに変更になる。

押上 本所吾妻橋 浅草 蔵前 浅草橋 東日本橋
人形町 日本橋 宝町 東銀座 新橋 大門
三田 泉岳寺 高輪台 五反田 戸越 中延
馬込 西馬込

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34