☆仙台市のアルバイトランキング
第1位 仙台市でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 仙台市での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


仙台市 地域情報

仙台市(せんだいし)は、宮城県のほぼ中央に位置する市で、同県の県庁所在地、政令指定都市。北日本では札幌市に次ぐ第二位の人口を有する都市として知られ、東北地方の政治・経済の中心都市である。「杜の都」としても知られている。

広瀬川や青葉山などの自然が都心にあり、また緑が多い事から、「杜の都」の名で親しまれている。河岸段丘に形成された都市の典型で、都市計画はニューアーバニズムやコンパクトシティの好例であるが近年では郊外に人口が拡散している。人口は約103万人で、昼間人口は約115万人に達する。

国から政令指定都市に指定されており、行政面や経済面では第三次産業の占める割合が高く、中央省庁や全国規模の企業の支部が集まっている事から「支店経済都市」となっている。

また、東京都区部と青森市のほぼ中間(双方からともに約350km)に位置している。

仙台市は、東の境界を太平洋(仙台湾)、北の境界を松島丘陵、西の境界を奥羽山脈、南の境界を名取川流域として、宮城県をほぼ帯状に横断する形状となっている。海岸から長町-利府線断層帯までが地質的には新しい沖積平野、その西が沖積平野より少し古い堆積岩類の台地であり、奥羽山脈の稜線近くは新生代に噴出した火山岩で出来ている。船形山、大東岳、神室岳などはいずれも50万年から150万年前に噴火した火山である。


仙台市は奥羽山脈を挟んで山形県山形市と接している。都道府県庁所在地同士が隣接する例は、仙台市と山形市の他、京都市と大津市、福岡市と佐賀市となっている(ただし、仙台市と山形市を直接結ぶ交通手段はJR仙山線仙山トンネル(面白山トンネル)と未舗装の二口峠のみで、その他は両市以外を経由しなければならない)。また、仙台の北東には日本三景の松島(松島町)がある。

山:青葉山、船形山、白髪山、面白山、泉ヶ岳、大東岳、太白山、日和山など
仙台市役所は、市内の野生ニホンザルの頭数を約550匹とみている。
川:広瀬川、名取川、七北田川、梅田川など
沼:五色沼、長沼、大沼など

仙台市は「支店経済都市」であり、また、大学や各種専門学校が集中しているため「学都仙台」とも呼ばれ、全国的に見ても若年者の人口に占める割合は大きい。そのため、支店の従業員の異動や、学生の卒業・入学などにより、年度末に2万人強が仙台を去り、年度始めにほぼ同数が仙台に移住する。近年は、3月・4月に差し引き約6000人総人口が減少し、5月と6月で再び元に戻っている。同様な理由から、第二四半期末から第三四半期始めの9月・10月に人口が減少し、11月に人口が回復する。

日本の近代化の波に乗り遅れた東北地方では、他の地方と比べて産業が乏しかったため、田中角栄政権以降、公共事業に大いに頼って来た。そのため、東北6県では県庁が肥大化して、県内最大の「企業」の地位にのし上がることとなり、その「企業城下町」である県庁所在地の都市化が進んだ。中でも宮城県は、他の県に比べて面積は小さく、自然障壁の少ない仙台平野に県民の大半が住んでいたため、仙台市に県の機能が集中し、爆発的に都市化と一極集中が進んだ。

仙台では、近年の公共事業費等の削減と支店の整理統合などにより、以前のような社会増(転入超過)傾向はなくなり、社会動態における転入・転出はほぼ同数となっている。そのため人口増加は自然増に依存しており、近年は数千人/年程度の増加で留まっている。また、仙台市に隣接する富谷町・利府町・名取市などの宅地開発が進んでおり、これも転出増の原因となっている。平成16年度は社会動態が減少(転出超過)に転じたため、少子化傾向とあいまって、数年後には人口減少が始まるとみられている(転出先のトップは東京都)。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34