☆山手線のアルバイトランキング
第1位 山手線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 山手線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


山手線 地域情報

山手線(やまのてせん)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が運営する鉄道路線(幹線)の名称、もしくは同線を含み東京都区内で環状運転する列車の運転系統の呼称である。

「山手線」の名称には、次の3つの意味合いがある。

路線名称としての「山手線」:東京都港区の品川駅を起点に、渋谷駅、新宿駅、池袋駅を経由して北区の田端駅を結ぶJR東日本が運営する全長20.6kmの路線の名称。東海道本線の支線。
運転系統としての「山手線」:上記1.と東海道本線、東北本線の一部区間を合わせて東京都区内で環状運転を行う近距離列車の運転系統の名称(1周34.5km)。ラインカラーは■ウグイス色(国鉄黄緑6号)。
運賃計算上の「山手線内」:東京駅からの営業キロ程が101~200kmの範囲に所在する駅に発着する乗車券に表示されることがある運賃計算上の名称。上記2.の区間に加え、環状線内側にある中央本線神田駅~代々木駅間・総武本線秋葉原駅~御茶ノ水駅間を含む。東京山手線内を参照。
一般に山手線という場合、2.の運転系統としての山手線を指す場合がほとんどである。上記以外に、「鉄道要覧」における「山手線」では国土交通省の意向により中央本線と重複する代々木~新宿間が除外されているほか、マルスのシステム上の経路表示における「山手線」はさらに異なる区間(品川~代々木間及び新宿~日暮里間)を指す。

戦前からの東京市~東京都の市内交通公営主義政策により、私鉄は山手線の内側に乗り入れることができなかったため、各私鉄は、山手線の各駅に隣接して都心側のターミナル駅を設置した。山手線の各駅は、都内交通への乗り継ぎ・中継地となり、渋谷、新宿、池袋など、新都心として発展を遂げていったところもある。こうした新都心を相互に連結する山手線は、東京の交通網の基本路線として機能しており、戦後、私鉄と地下鉄の相互直通運転が一般化し、郊外から電車が直接都心に乗り入れるようになっても、東京の交通網における山手線の地位は揺るぐことなく、むしろ重要性を増している。ただし地下鉄網の発達と並行する山手貨物線の旅客化や、6ドア車導入による11両化により混雑が以前よりかなり緩和されているのも事実である。現在の朝ラッシュ時最混雑区間は外回り上野→御徒町であるが、これも東北縦貫線(東北本線の上野~東京間列車線延伸)の開業で緩和される見通しである。 また、平均駅間距離はJR東日本管内の路線では最も短い。JR全体でも大阪環状線に次いで2番目に短い。

元は、東北線と東海道線を短絡する貨物主体の路線で山中に線路を敷設したわけであったが、東京市街地の拡大に伴い市街を巡る大都市の基幹交通路線に性格を変えていった。電車が運行を開始したのは1909年であるが、現在のように環状運転が実施されるようになったのは1925年のことである。

品川線と呼ばれたこの路線は、当時上野駅止まりだった日本鉄道東北本線と、新橋駅止まりだった官設鉄道の東海道本線とを連絡するために建設された。上野駅~新橋駅間を結べば距離は短いが、既にその区間は住宅密集地域だったので建設を断念し、遠回りになるが山の手(武蔵野台地)側で建設をすることになった(当時、この周辺山の手は民家がほとんどなく、林と草原が広がっていた)。区間は赤羽駅~品川駅である。

その後、同じ日本鉄道の路線である海岸線(現在の常磐線)との連絡線の建設も行うことになった。常磐線は当時、田端駅~三河島駅が本線だった(そのため、現在も日暮里駅~三河島駅間には急カーブが残っている)ので、池袋駅(新設)から田端駅までの路線(豊島線)の建設を行った。ちなみに、当時は分岐点を池袋駅ではなく目白駅にする予定だったが、目白駅周辺で十分な用地の確保が困難だったため、新設の池袋駅へ変更した。駒込駅~巣鴨駅間で、線路が南西を向いているのは、駒込からそのまま目白駅に向かう予定だったからである。なお、常磐線との連絡線は戦後すぐに瓦礫の捨て場として使われ、埋められてしまい現存しない。

山手線 駅一覧

品川駅
大崎駅
五反田駅
目黒駅
恵比寿駅
渋谷駅
原宿駅
代々木駅
新宿駅
新大久保駅
高田馬場駅
目白駅
池袋駅
大塚駅
巣鴨駅
駒込駅
田端駅
西日暮里駅
日暮里駅
鶯谷駅
上野駅
御徒町駅
秋葉原駅
神田駅
東京駅
有楽町駅
新橋駅
浜松町駅
田町駅
品川駅

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34