☆横浜線のアルバイトランキング
第1位 横浜線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 横浜線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


横浜線 地域情報

横浜線(よこはません)は、神奈川県横浜市神奈川区の東神奈川駅と東京都八王子市の八王子駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。

横浜線は、横浜市から町田市・相模原市を通り八王子市に至る全長42.6kmの路線である。起点の東神奈川駅で京浜東北線、終点の八王子駅で中央本線・八高線に連絡する。路線名は「横浜」を名乗っているが、東神奈川は横浜駅の一つの隣であり、横浜駅へ直通しない列車も多い。

本路線は横浜市北部から横浜市の中心部へのアクセス路線として機能するとともに、東京都心から郊外に延びる複数の放射状路線と交差し、いわゆる環状路線としての機能も有している。したがって郊外路線でありながら、割高な初乗り運賃の乗客も多いため、国鉄時代から数少ない黒字路線であった。

1908年に「横浜鉄道」という私鉄として開業したのが本路線の始まりであり、当時は八王子や信州で生産されていた生糸を横浜へと運搬することを目的としていた。その後、1917年に国有化され、標準軌化試験や電化試験が行われたこともある。その後1932年には横浜駅・桜木町駅への乗り入れが開始されたほか、1964年に東海道新幹線が開業し、当線との交差箇所に新横浜駅が開業した。これにともない、本路線は横浜市内と新幹線のフィーダー路線としても機能することとなる。さらに1960年代後半からは沿線開発の進行や大学の設置などにより乗客が増加したことから、1967年からに輸送力増強のため複線化工事が順次行われ、1980年代後半には全線複線となった。

それ以降も首都圏の通勤路線として利用者が増加し、1994年からは混雑対策のため、列車は片側6扉を有する車両を連結したうえで8両編成が組まれている。2007年現在、臨時列車を除き特急・急行列車は設定されておらず、列車種別は快速と各駅停車の2種のみである。いずれも線内の折り返し運転が基本であるが、一部の列車は根岸線に直通するほか、朝夕は相模線との直通列車も運転される。

列車種別は、各駅に停車する各駅停車および主要駅のみに停車する快速が設定されている。

本路線においては、起点の東神奈川駅から終点の八王子駅までを通しで運転する列車が基本である。このほか、起点寄りの輸送力を高めるため、東神奈川駅~橋本駅間や東神奈川駅~町田駅間などの区間列車も運転される。

横浜駅へは東神奈川行きの場合は、終点の東神奈川駅で京浜東北線に乗り換える形となるが、横浜市中心部へのアクセスを図るため、東神奈川駅から京浜東北線を経て根岸線へ乗り入れる列車も設定されている。朝夕は一部の列車が根岸線磯子駅や大船駅、日中は毎時6本(快速2本、各駅停車4本)が根岸線桜木町駅まで乗り入れる。土曜・休日には大船駅を越えて横須賀線逗子駅へ直通する快速列車も1本ある。横浜線を名乗っているものの横浜駅を通る列車は全体の3割程で、横浜駅を発着する各線との接続相性が悪い。このほか、朝夕のラッシュ時には、相模線の列車が橋本駅~八王子駅間に乗り入れを行っている。

横浜線 駅一覧

東神奈川駅
大口駅
菊名駅
新横浜駅
小机駅
鴨居駅
中山駅
十日市場駅
長津田駅
成瀬駅
町田駅
古淵駅
淵野辺駅
矢部駅
相模原駅
橋本駅
相原駅
八王子みなみ野駅
片倉駅
八王子駅

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34