☆常磐線のアルバイトランキング
第1位 常磐線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 常磐線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


常磐線 地域情報

常磐線(じょうばんせん)は、東京都荒川区の日暮里駅から千葉県北西部、茨城県、福島県の太平洋側を経由して宮城県岩沼市の岩沼駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。

列車運行上の常磐線は、東北本線区間の上野~日暮里及び岩沼~仙台間を含めた、東京都台東区の上野駅から宮城県仙台市青葉区の仙台駅までである。

首都・東京の北の玄関口・上野駅。正確には日暮里駅が常磐線の起点であるが、上野駅が列車運用上の始発駅である。

上野駅を出発した後、隣の日暮里までは山手線など、多くの路線と併走し、日暮里から東北本線と分かれる。東北本線とは約330km北の岩沼駅で合流する。北千住駅付近まで下町の中を走り、荒川を渡り緩行線が並行する。各駅停車は北千住を出てからも綾瀬駅、亀有駅、金町駅といった東京の下町に停車駅がある。ここまでは住宅街の中を走るため、車窓からは常に多数の家屋が見える。荒川、中川、江戸川などの河川を連続して渡るため、北千住から江戸川を渡るまでは高架線である。

江戸川を渡り、東京都から千葉県松戸市へ入ると、緩行線と快速線が交差した後、線路は地上へ降りる。千葉県内は地上複々線だが踏切はなく、道路が線路の上を跨ぐ形で立体化されている。複々線化されているので、緩行線の電車が終日走る我孫子までの区間は、快速電車の場合は松戸駅、柏駅、我孫子駅といった市の代表駅しか止まらないが、快速通過駅の周辺も高度経済成長期以降人口が爆発的に増え、現在は東京のベッドタウンである。武蔵野線と交差する新松戸駅周辺までは平地だが、北小金駅周辺から柏市内は下総台地の中を走り、柏では東武鉄道野田線と連絡し、我孫子では成田線が分岐する。

利根川を渡り、電車特定区間の終点である茨城県の取手駅へ至る。上野から約40km、複々線もここで終わる。銀色青緑帯のE231系通勤形電車はここで折り返し、ここから先は交直流電車のみが走る。


常磐線415系1500番台
取手駅と藤代駅の間にはデッドセクションがあり、403系・415系ではしばらく車内の照明が消える。この辺りになると田畑も多く見られるが、ベッドタウンとして発展しているため家屋や高層アパートも多い。牛久駅を通り、新興住宅が多くなったところで土浦駅に到着する。土浦駅を過ぎ、神立駅から高浜駅にかけては畑の中心を走る。石岡駅の前後で住宅地や市街地の間を過ぎると友部駅に到着し水戸線が合流する。赤塚駅付近は水戸の郊外にあるために住宅地が目立ち始め、偕楽園の木々を臨み大小のビルが近くなると、水戸の中心駅・水戸駅に到着する。

水戸駅出発後数分で那珂川に差し架かる。那珂川を越えると勝田駅に到着する。ひたちなか市の中心駅である。東海駅を過ぎ、大甕駅、常陸多賀駅近くを走ると工場が近付く。工業都市・日立市である。大手電機メーカー日立グループの企業城下町とも呼ばれるこの街は、日立などの大工場を抱える茨城県北部の都市である。日立駅を過ぎ、小木津駅、十王駅を過ぎると、右側に太平洋をかすめ、高萩駅に到着する。この駅では多くの列車が水戸方面に折り返す。南中郷を経て磯原に来ると、東には五浦海岸の波涛が見え、1つ北上すると茨城県(関東地方)内最後の駅、大津港駅に到着。その後は勿来関を越えて福島県浜通り(東北地方)に入り、勿来駅に到着する。この駅は始点上野駅と終点仙台駅から約175kmと、丁度中間に位置する。

最初の開業区間は水戸線とひとつながりの区間であるが、実質的な常磐線としての建設は、常磐炭鉱から産出される石炭の輸送を目的としていた。このため、現在の山手線を経由して東海道本線に抜けられる様に田端駅が起点とされた。上野駅への乗り入れは後から行われたため、三河島駅から日暮里駅まで不自然な急カーブを描く線形となっている。

岩沼駅までの全通後は東北本線のバイパスとして機能した。関東平野の中でも海岸沿いを走るため線路が東北本線に比べて平坦であり(蒸気機関車牽引の列車にとって、これは最大のメリットであった)、平(現・いわき)駅までの複線化も早期に行われたこと、さらに、奥羽本線への直通列車設定も必要だった東北本線に比べ、ターゲットを上野と仙台以北との往来に絞れたことから、仙台駅以北に直通する旅客列車が常磐線を経由して走るようになり、1920年に経路特定区間制度が設定された時、日暮里~岩沼間が最初の設定区間の1つに指定されている。

東北本線の電化・複線化が進むにつれ、まず昼行の長距離優等列車から東北本線経由への整理統合が進んだが、東北本線が通勤時間帯に混雑することや奥羽本線への直通夜行列車が多数設定されたことから仙台駅以北に直通する夜行寝台列車はなお常磐線経由が主力であった。しかし、東北新幹線の開業以後は常磐線から仙台駅以北に直通する旅客列車が大幅に減り、東北本線のバイパスとしての存在意義が失われたことから、長らく設定されていた日暮里~岩沼間の経路特定区間制度は2001年に廃止された。

常磐線 駅一覧

取手駅
藤代駅
佐貫駅
牛久駅
ひたち野うしく駅
荒川沖駅
土浦駅
神立駅
高浜駅
石岡駅
羽鳥駅
岩間駅
友部駅
内原駅
赤塚駅
(臨)偕楽園駅
水戸駅
勝田駅
佐和駅
東海駅
大甕駅
常陸多賀駅
日立駅
小木津駅
十王駅
高萩駅
南中郷駅
磯原駅
大津港駅
勿来駅
植田駅
泉駅
湯本駅
内郷駅
いわき駅
草野駅
四ツ倉駅
久ノ浜駅
末続駅
広野駅
木戸駅
竜田駅
富岡駅
夜ノ森駅
大野駅
双葉駅
浪江駅
桃内駅
小高駅
磐城太田駅
原ノ町駅
鹿島駅
日立木駅
相馬駅
駒ヶ嶺駅
新地駅
坂元駅
山下駅
浜吉田駅
亘理駅
逢隈駅
岩沼駅
館腰駅
名取駅
南仙台駅
太子堂駅
長町駅
仙台駅

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34