☆総武本線(総武線)のアルバイトランキング
第1位 総武本線(総武線)でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 総武本線(総武線)での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


総武本線(総武線) 地域情報

総武本線(そうぶほんせん)は東京都千代田区の東京駅から千葉県銚子市の銚子駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。

このほか、東京都墨田区の錦糸町駅で分岐して御茶ノ水駅に至る支線、並びに新小岩駅から分岐して金町駅および越中島貨物駅に至る貨物支線を持つ。

電車特定区間内においては緩行線が御茶ノ水駅から中央本線と、快速線が東京駅から横須賀線とそれぞれ直通運転を行っている。

成東出身の安井理民らによって設立された総武鉄道が、1894年(明治27年)7月に市川~佐倉間を開業したのが始まりである。上総国(かずさのくに)・下総国(しもうさのくに)と武蔵国を結ぶ事から名づけられた。同年12月には江戸川を越えて本所(現在の錦糸町)に達し、1904年(明治37年)に両国橋(現在の両国)まで延伸し、ここを都心側のターミナルとした。

一方、銚子側へは、1897年(明治30年)5月に成東、同年6月に銚子まで延伸され全通。1907年(明治40年)には、鉄道国有法により買収・国有化され、官設鉄道の総武本線となった。

1932年(昭和7年)には、御茶ノ水~両国間が延伸され、同区間で電車の運転を開始した。以降、1933年(昭和8年)3月に市川まで、同年9月には船橋まで電化区間が延長され、中央線中野まで緩行電車として直通運転を実施するようになった。1935年(昭和10年)には、千葉までの電化が完成した。

戦後は、1968年(昭和43年)に佐倉(成田)まで電化、1972年(昭和47年)に東京~錦糸町間の地下線が開業し、起点が東京に変更された。銚子までの電化が完成したのは、1974年(昭和49年)である。

総武本線は主に、3系統に分かれる。

東京駅から千葉駅へ快速運転を行う総武快速線。
御茶ノ水駅から千葉駅まで各駅停車の総武緩行線。
千葉駅から佐倉駅・成東駅・八日市場駅を経由して銚子駅までの区間。
中央線と中央本線の区別のように、総武快速線、総武緩行線は単に「総武線」とも呼ばれる。よって「総武本線」というと、上記3.の総武快速線・総武緩行線を除いた千葉以東の区間を指すこともある。現実には一般的に「総武線」が(三鷹~)御茶ノ水~千葉(東京方面は総武快速線が定着してるため対象外)、「総武本線」と呼ばれる場合は特急列車は全線、ローカル列車は千葉~成東・八日市場経由~銚子(行先表示は銚子あるいは千葉(八日市場回り))となるケースが多く、そのため千葉以遠のローカル列車では殆どの車掌が「総武線」ではなく「総武本線」と放送し、この区間の211系の前面表示も路線名は「総武本線」になっている(関東地区では原則として「○○本線」と呼ぶことはない。そのため同じ211系でも他線では「東北線」や「信越線」と表示されている)。なお、広義では総武線(総武緩行線)と呼ぶ場合、中央線への乗り入れ区間も含めた三鷹~新宿~御茶ノ水~船橋~千葉を指す場合がある。但し最近はきちんと「中央線各駅停車」と表示されつつある。

総武本線 駅一覧

東京駅
新日本橋駅
馬喰町駅
御茶ノ水駅
秋葉原駅
浅草橋駅
両国駅
錦糸町駅
亀戸駅
平井駅
新小岩駅
新小岩操駅
小岩駅
市川駅
本八幡駅
下総中山駅
西船橋駅
船橋駅
東船橋駅
津田沼駅
幕張本郷駅
幕張駅
新検見川駅
稲毛駅
黒砂信号場
西千葉駅
千葉駅
東千葉駅
都賀駅
四街道駅
物井駅
佐倉駅
南酒々井駅
榎戸駅
八街駅
日向駅
成東駅
松尾駅
横芝駅
飯倉駅
八日市場駅
干潟駅
旭駅
飯岡駅
倉橋駅
猿田駅
松岸駅
銚子駅

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34