☆京葉線のアルバイトランキング
第1位 京葉線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 京葉線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


京葉線 地域情報

京葉線(けいようせん)は、東京都千代田区の東京駅から千葉県千葉市中央区の蘇我駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。

京葉線は東京から千葉(蘇我)まで総武線のバイパス的な役割を果たす路線であるとともに、東京都心と東京ディズニーリゾート (TDR)(舞浜駅) や幕張メッセ・千葉マリンスタジアムなどのある幕張副都心(海浜幕張駅)を結ぶアクセス路線でもあり、また沿線の船橋市、浦安市、千葉市などの生活路線でもある。蘇我駅で房総各線と繋がっており、房総方面へ向かう特急列車はすべて京葉線を経由する(「新宿さざなみ」号・「新宿わかしお」号は除く)。また普通列車も朝夕ラッシュ時に内房線・外房線・東金線との直通運転を行う。武蔵野線のほぼすべての列車(区間列車と平日10往復・土曜・休日5.5往復の西船橋駅折り返し列車を除く)が西船橋駅から東京駅あるいは海浜幕張駅まで乗り入れる(同線は京葉線と同様京葉車両センターに所属する車両を使用する)。このように、多彩な役割を持つ東京の主要路線の一つである。東京駅~千葉みなと駅間、西船橋駅~市川塩浜駅・南船橋駅間が電車特定区間に指定されている。


京葉線西船橋駅付近図京葉線は、東京駅~蘇我駅間の本線と、武蔵野線西船橋駅から南船橋駅・市川塩浜駅に延びる2つの支線からなる。支線は運転系統上武蔵野線直通に使われており、路線図や乗り換え案内では武蔵野線の一部とされているケースも見受けられる。判別のためのラインカラーは■赤(ワインレッド)。首都圏のJRでは京葉線のみが使用するカラーとなる。但し、鋼鉄製の201系や、2004年まで運用されていた103系の車体色は、ラインカラーの赤ではなく、京浜東北線と同じ■青(スカイブルー)である(青色の201系は関西では存在しているが、関東では京葉線が初めてである)。これは、同線に最初に投入された103系が京浜東北線からの転入車であったためである。

東京駅開業以前は緩行運転のみであったが、新木場駅暫定開業時に武蔵野線直通列車(6連→1991年12月より順次8連化・列車番号はE、蘇我方面行はY)については葛西臨海公園駅を通過するダイヤが組まれた。

1990年3月10日の東京駅延伸開業と全線開通により、臨海副都心や葛西臨海公園、東京ディズニーリゾート、幕張新都心など再開発地域・観光施設を沿線に抱えることから快速列車の本数が比較的多いダイヤを組み、平日と土曜・休日で停車駅をそれぞれ設定し、休日の快速は「マリンドリーム」、武蔵野線直通列車は「むさしのドリーム」という愛称を付けて運行していた。

ところが、2002年12月1日のダイヤ改正で平日と土曜・休日の停車駅が統一(土曜・休日の武蔵野線直通は葛西臨海公園停車)されたことから愛称が廃止され、現在は京葉快速と武蔵野線直通列車である武蔵野快速になっている。

京葉線 駅一覧

東京駅
八丁堀駅
越中島駅
潮見駅
新木場駅
葛西臨海公園駅
舞浜駅
新浦安駅
市川塩浜駅
西船橋駅
二俣新町駅
南船橋駅
新習志野駅
海浜幕張駅
検見川浜駅
稲毛海岸駅
新港信号場
千葉みなと駅
蘇我駅

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34