☆加古川線のアルバイトランキング
第1位 加古川線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 加古川線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


加古川線 地域情報

加古川線(かこがわせん)は、兵庫県加古川市の加古川駅から兵庫県丹波市山南町の谷川駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。全線が大阪近郊区間に含まれる。

兵庫県の中央部を流れる加古川に沿って山陽本線と福知山線を結んでいるが、地域輸送が中心である。

脇市駅を境に運転系統が分かれており全線を通して運転される列車は1日1本しかない。加古川~西脇市間は毎時1~2本程度であるが、西脇市~谷川間は2~3時間に1本程度である。8月以外の第4土曜日は厄神以北で日中の列車が運休し、5~7時間ほど運行されない。電化前は西脇市で列車番号が変わるものの、全線通しで運転される列車が存在していた。また快速列車も設定されていた時期もある。

南側の加古川~西脇市間の列車は、かつて西脇市(当時は野村)駅から分岐していた鍛冶屋線に直通運転していた名残であり、当時から西脇市(野村)~谷川間が実質的に支線格であった。

このほか、加古川~厄神間や平日朝夕ラッシュ時に加古川~粟生間の区間列車がある。全線でワンマン運転を実施し、全列車が半自動扉扱いとなっている。

加古川水系の舟運を代替する目的で設立された播州鉄道と、その路線を譲り受けた播丹鉄道(播但線の前身である播但鉄道とは別)が開業させた路線を、戦時買収したものである。そのため、同じ播丹鉄道に属していた支線の高砂線、三木線、北条線、鍛冶屋線とは密接な関係があり、ほぼ一体となった運転形態であった(高砂線除く)が、その全てが特定地方交通線として廃止・転換され、本路線のみがJR線として残っている。

播州鉄道は加古川及びその支流で行われていた舟運を鉄道に代替する目的で路線を敷設したため、加古川線の各駅は物流拠点付近に設置されており、集落から離れた場所であることが多い。このため旅客需要は伸び悩んでおり、各支線への直通列車も多かったが乗客は少なかった。

民営化後に通勤利用を狙って朝の加古川行き快速列車を設定したりとテコ入れがなされたが、十分な効果が得られず快速運転も数年で取りやめになるなど明るい話題に乏しかった。さらには大阪・神戸方面からの直通列車がないことが災いして、高速バス(大阪駅発着の中国ハイウェイバスと三宮駅発着の西脇方面の急行バス)に圧倒されていた。

1995年の阪神・淡路大震災では、播但線などとともに寸断された山陽本線の迂回路の役割を果たした。しかし単線非電化であったことから迂回路としての機能強化を求める声が起き、2004年12月19日には全線が電化され、125系や103系電車が走るようになった。総事業費は約60億円で、うち45億円を西日本旅客鉄道や兵庫県などの沿線自治体が負担し、残る15億円を沿線地域での募金などにより民間が負担した。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34