☆関西本線のアルバイトランキング
第1位 関西本線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 関西本線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


関西本線 地域情報

関西本線(かんさいほんせん)は、愛知県名古屋市中村区の名古屋駅から亀山駅、奈良駅を経て大阪府大阪市浪速区のJR難波駅に至る東海旅客鉄道(JR東海)・西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。このほか四日市~塩浜間、八尾駅~杉本町間(阪和貨物線あるいは阪和連絡線)、平野~百済間の貨物支線を持つ。柘植~JR難波間が大阪近郊区間、奈良~JR難波間が電車特定区間に含まれている。

加茂~JR難波間には1988年3月から大和路線(やまとじせん)という愛称がつけられている。愛称の「大和路線」が定着した現在では加茂~JR難波間において「関西本線」(または関西線)と呼ぶ人は少ない。

名古屋~四日市間は近鉄名古屋線と競合しており、国鉄時代から設定していた四日市までの特定区間運賃に加え、東海旅客鉄道となってから快速「みえ」を運転開始し巻き返しを図っている。また一部の区間ではあるが複線化されており、名古屋から河原田までは、ほぼ全線に亘り用地が確保されていて、駅間の長いところはその複線用地を使って信号場がいくつか増設されている。この区間では輸送力が過小なことで乗降に時間がかかるため数分の遅延が恒常化しており、単線であることも相まって定時運行がままならない状態である。しかしながら当面の間、単線区間の複線化はないものと思われる。近年、八田駅周辺で高架化工事が行われたが複線化は行われてはいない(自治体主導の道路立体交差化事業のため)。

名古屋から八田駅の手前までは名古屋臨海高速鉄道あおなみ線(新設の旅客線、但し貨物線も兼ねる)が並行している。

加太~柘植間には加太越えと呼ばれる急勾配の難所があり、この区間にある中在家信号場はスイッチバックの信号場として知られている。中在家信号場は、急勾配区間での行き違いのためのスイッチバックで、待避がある場合のみ待つ方の列車が本線からはずれ、平坦な場所に停車できる引き込み線に入る。急勾配は車体が軽量でエンジンが強力な今日のディーゼルカーならさほどの負担ではないが、SL牽引の列車では長い坂を上ることは大変で、坂の途中から発進することなどはとんでもないことだったのである。そのため、このような手間をかけた信号場が存在した。柘植では大津や京都方面へ短絡する草津線が分岐している。

柘植~加茂間には忍者で有名な伊賀上野がある。ここから旧上野市街を通って近鉄大阪線の伊賀神戸駅まで近鉄伊賀線が走っている。また、笠置駅は桜と渓谷美で有名な駅である。このあたりは、今となっては失われてしまった渓谷美の味わえる貴重な区間である。山陰本線の保津峡付近、福知山線道場付近、中央東線猿橋、中央西線定光寺付近などでは失われた渓谷美を間近で見られる車窓が残っている。その反面、大雨が降るとしばしば不通となり、保安上のネックにもなっている。

加茂から西は奈良まで僅か3駅だが、大規模な団地ができたため電化されていて、大阪からの快速電車のほとんどはここまでやってくる。木津では、奈良線と学研都市線(片町線)が分岐する。奈良駅付近は高架化が進められているが、寺社風建築で有名だった奈良駅舎は幸い保存された。奈良からは桜井線が分岐している。

奈良~天王寺間では、斑鳩の法隆寺付近を通る。奈良盆地に敷かれた鉄道は変化に富んだ歴史を刻んでいる。王寺~柏原間でちょっとした山越えがあるものの比較的平坦な区間である。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34