☆山陰本線のアルバイトランキング
第1位 山陰本線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 山陰本線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


山陰本線 地域情報

山陰本線(さんいんほんせん)は、京都府京都市下京区の京都駅から福知山駅、鳥取駅、米子駅、出雲市駅、浜田駅を経て山口県下関市の幡生駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である(ただし幡生側の列車は下関駅まで運転)。このほか、仙崎支線あるいは仙崎線と呼ばれる長門市~仙崎間の支線を持つ。京都~園部間が大阪近郊区間に含まれる。

営業キロ日本最長の路線ではあるが、通しで走る列車の設定がない稀有な本線。区間によって乗客の流動に大きな偏りがあることや、旧国鉄や西日本旅客鉄道が、山陽新幹線開業以降、山陰本線沿いの各都市から直接山陽新幹線に至る路線(陰陽連絡線)を強化してきた結果と思われる。山陰と瀬戸内側を結ぶ線には福知山線、伯備線等の電化された路線や智頭急行線のような高速新線があるが、山陰の横同士の連絡は最近まであまり考慮されず、電化もそれらの延長的存在でつぎはぎ状態で行われた。後年の高速化工事も同様で、高速化された区間とそうでない区間がつぎはぎ状態になっている。それでも民営化後は、それまでバスの独占状態であった鳥取~倉吉~米子~松江のローカル輸送に力を入れるなど、以前に比べれば改善がみられる。

地元住民以外にとってのこの線の魅力は「温泉」。東から順に、城崎温泉・湯村温泉・三朝温泉・東郷温泉・皆生温泉・玉造温泉・温泉津温泉・川棚温泉と古くから知られた温泉がたくさん湧出しており、その間の海岸沿いをマイペースで走る印象を持たれている。

以前は、京都・大阪あるいは東京方面と鳥取以西とを結ぶ列車は山陰本線の和田山~鳥取間を経由するか、東京方面の場合津山線・因美線を使った岡山経由のがメインルートであったが、智頭急行が開業してからは智頭急行線を使うルートに取って代わられた。現在、京都・大阪からの特急は殆どが電車であり城崎温泉までの運転である。京都~鳥取間には下記の列車が走っている。そのうち福知山駅は北近畿ビッグXネットワークの中心部分にあたる(定期列車・山陰本線経由分のみ記載。山陰本線以外の駅名のみリンク。以下同じ。夜行列車は後述)。鳥取~益田間は近年の高速化工事等により、新型車両の特急を登場させるまでに至ったが、その一方で益田~幡生間は「いそかぜ」廃止以降、優等列車はゼロとなった。

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34