☆草津線のアルバイトランキング
第1位 草津線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 草津線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


草津線 地域情報

草津線(くさつせん)は、三重県伊賀市の柘植駅から滋賀県草津市の草津駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。全線が大阪近郊区間に含まれる。

主に、杣川(そまがわ)、野洲川沿いの忍者の里甲賀を走る。沿線の町は、旧宿場街や農村を形成し、田畑を中心に広がっている。比較的平地を走るが、三雲~貴生川間では山と川の狭間の林を縫って旧杣街道と併走する(実際、全線が杣街道の道筋に沿って走っている)。甲賀~柘植間も森林地帯を貫いている。一部区間を除き線路状態もよく、電化されているので表定速度は速い。また、草津から名古屋までの距離は、米原経由より草津線から四日市を経由する方が短い。しかし、後述の通り現在は直通列車はなく、時間的には乗り換えなどで所要時間は長くなる。 甲西・寺庄・油日以外の各駅で列車交換ができる。

徐々に列車本数は増加しており、JR化後に草津~貴生川間は昼間毎時2本の運転まで拡大された。沿線は自動車依存の強い地域ではあるが、この地域の動脈である国道1号線の道路事情がよくないこともあり、利用者数が減少するまでには至っていない。また、地域の自治体が草津線の各駅を始終端とするコミュニティバスを多数運行し、地域の足として草津線が位置づけられているため、自治体・利用者からは比較的暖かく迎え入れられている。

とはいえ単線であり、また甲西駅等に行き違い設備がないことから、ラッシュ時も含め1時間に3本以上の列車本数の増加は難しく、利便性向上は望めないため、自治体・住民からは複線化・増発要望がJR西日本に対して出ている(JRはこれ以上の利用増は見込めないとして消極的)。今後もしばらくこの沿線の特に草津方では人口増が見込まれ、また県と地元市の公費補助による新駅設置や複線化の可能性もあり、さらなる展開もありうる。

草津線 駅一覧
柘植
油日
甲賀
寺庄

甲南
貴生川
三雲
甲西

石部
手原
草津

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34