☆奈良線のアルバイトランキング
第1位 奈良線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 奈良線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


奈良線 地域情報

奈良線(ならせん)は、京都府京都市下京区の京都駅から京都府木津川市の木津駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。全線が大阪近郊区間に含まれる。

線路名称として京都~木津間が奈良線と名付けられているが、その全区間が京都府に属し、奈良県内にはまったく属していない(列車は木津駅から関西本線(大和路線)に入って奈良県の奈良駅まで運行される)。これは当初奈良鉄道によって京都~奈良間が建設されたものの、関西鉄道に合併された際に大阪~名古屋ルートの一部として木津以南を分離された、との経緯による。

並行する京阪宇治線や近鉄京都線は多数の列車が運行されていたのに対し、奈良線は、電化が国鉄末期の1984年までされず、電化後もしばらくは105系電車の2両編成などが細々と走る、小さなローカル線でしかなかった。しかし、JR西日本が発足して以降にアーバンネットワークの中に当線を組み込んでからは、列車の4両編成化(一部は6両編成)、部分複線化、「みやこ路快速」などの快速列車を始めとする列車の増発など、急速に輸送改善が図られた。現在では、沿線にある宇治市の平等院などへの観光や、城陽市など京都府南部地域からの通勤・通学路線としての性格が強くなっている。しかし城陽以南は町の中心部の外れを走るので並行する近鉄京都線と比べてはまだ格差がある。

JR西日本は1988年3月13日改正でアーバンネットワークの各路線に愛称路線名(JR京都線・JR神戸線など)を定めたが、奈良線については見送られた。また近畿日本鉄道にも奈良線があるため、「JR奈良線」と案内されることもある。(これは国鉄時代も「国鉄奈良線」と案内されており、案内板の英字表記も「JNR」を入れていた)なお管轄は車両面では大阪支社の奈良電車区の車両を使用するが、駅設備面などでは木津駅を除き京都支社が行う。

奈良鉄道によって京都~木津~奈良間が開通したが、うち京都~桃山間は初め現在の近鉄京都線のルートを通っていた。東海道本線の馬場(現在の膳所)~京都間が東山トンネル経由の現在線に切り替えられた1921年のその日に、京都~稲荷間の旧東海道本線と稲荷~桃山間の新線が奈良線となり、京都~伏見間が廃止、伏見~桃山間が貨物線化された。のちに京都~伏見間の旧線跡地は近鉄京都線の前身である奈良電気鉄道が使用することになる。

奈良電気鉄道の路線が1928年に開業した後は、運行頻度や所要時間で劣るため直通需要を大きく奪われる。戦後、1950年代にいち早く旅客列車を気動車化し、駅の増設が行われたりしたがそれ以降は特に投資がなされず、ようやく1984年に電化がなされるといったように、完全なローカル線と化していた。活性化策がとられるようになったのは、国鉄分割民営化に伴いJR西日本の所属路線となってからである。活性化策のきっかけの一つは、1988年のならシルクロード博覧会開催に際し、JR東海が中京地区からの観覧者に対して、同じJR線である当路線を無視する形で新幹線と京都・奈良間の近鉄乗車券をセットにした割引券を販売したことにあるといわれている。

奈良線 駅一覧
京都
東福寺
稲荷
JR藤森

桃山
六地蔵
木幡
黄檗

宇治
JR小倉
新田
城陽

長池
山城青谷
山城多賀
玉水

棚倉
上狛
木津
平城山

奈良

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34