☆北陸本線のアルバイトランキング
第1位 北陸本線でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 北陸本線での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


北陸本線 地域情報

北陸本線(ほくりくほんせん)は、滋賀県米原市の米原駅から新潟県上越市の直江津駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。米原~近江塩津間が大阪近郊区間に含まれる。このほか、敦賀~敦賀港間の貨物支線を持つ。

日本海に沿って関西と北陸・東北とを結ぶ日本海縦貫線の一部を構成する。

並行する新幹線がないため、大阪・名古屋方面および新潟・越後湯沢(上越新幹線と接続)方面への特急列車が多数運転されている。そのため、「特急銀座」とも呼ばれる。大阪方面からの特急列車の大半は湖西線を経由するが、大阪~新潟間の急行「きたぐに」は米原経由となっている。ただし、強風などの影響により湖西線が不通になった場合、湖西線経由の特急も米原経由で運転される。

大阪方面
特急「サンダーバード」(大阪~富山・魚津・和倉温泉)
エル特急「雷鳥」(大阪~金沢)
名古屋・米原方面
エル特急「しらさぎ」(名古屋~富山・泊・和倉温泉、米原~金沢)
越後湯沢・新潟方面
特急「はくたか」(福井・金沢・和倉温泉~越後湯沢)
特急「北越」(金沢~新潟)
地域内輸送
特急「おはようエクスプレス」(福井→富山、富山・七尾→金沢)
特急「おやすみエクスプレス」(福井→金沢)
主に通勤輸送が目的であり、土曜・休日は運休する。
夜行列車
寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪~札幌)
寝台特急「日本海」(大阪~青森)
寝台特急「北陸」(金沢~上野)
急行「きたぐに」(大阪~新潟)
急行「能登」(金沢~上野)

北陸本線は全線が官営鉄道として建設された。長浜~敦賀港間は東海道線の支線として日本人技術者の手で建設され、1889年に同区間が開業した。敦賀港が1899年に国際港として開港するとロシアとの定期航路に連絡する列車が運行されるようになった。

当初、木ノ本~敦賀間は塩津経由で計画されていたが、予算が足りず、柳ヶ瀬経由で敷設された。これには柳ヶ瀬~今庄間に連絡線を敷設する意図もあったそうである。その後、後述のように紆余曲折を経て68年後の1957年の近江塩津経由の新線への切り替えにより当初の計画通りの路線に落ち着いた。また柳ヶ瀬トンネル掘削工事は難航し、トンネルが開通するまでの2年ほどは雁ヶ谷~洞道西口間は峠越えの徒歩連絡であった。

福井、金沢、富山方面への延伸にあたっては、政府の財政難から民間資本による建設が計画されたが、不況で資金が集まらず会社設立まで至らなかったり、鉄道敷設の仮免状下付にまで漕ぎ付けたものの内紛から着工することができなかったため、結局その後、敦賀以遠も官営鉄道として建設することが決定され、1893年に着工された。


北陸本線旧線 樫曲トンネル(敦賀市獺河内)1896年に敦賀~福井間が開業し、同年に北陸線と命名された。この時、敦賀~今庄間は険しい山地を避け海側の杉津経由で建設されたが、それでも25‰の急勾配と12か所のトンネル、4か所のスイッチバックが連続する難所となった。「北陸線の盲腸」とまで謂われた路線ではあるが、その路線風景の美しさは鉄道唱歌にも「海のながめのたぐいなき 杉津をいでて…」と詠われたほどである。時の大正天皇が行幸行脚した際には杉津駅で汽車の発車を止めて、しばし眼下に広がる敦賀湾の眺望を堪能したという逸話も残っている。

路線はさらに延伸され、1899年には富山駅まで開業した。当時の富山駅は神通川の付け替え(馳越線)の計画があったことなどから、1903年に神通川が付け替えられた後の1908年に神通川橋梁が完成するまで神通川左岸にあたる田刈屋に駅が設けられた。

北陸最大の難所といわれる親不知海岸を通る富山~直江津間は富山線(富山東線・富山西線)として建設された。1909年の線路名称制定時に米原~魚津間が北陸本線とされ、糸魚川までは北陸本線として開業し、糸魚川~直江津間は信越線の一部として開業した。そして1913年に最後の青海~糸魚川間が開業し、米原~直江津間の全線が北陸本線となった。

全通してからは輸送力増大のため、勾配緩和や複線化などの路線改良が課題となった。

木ノ本~敦賀間は日本初のダイナマイト掘削による柳ヶ瀬トンネルなどを含む鉄道敷設黎明期の旧規格の急勾配区間であり、開業時より土砂崩落、雪崩、雪害、路線凍結やヤスデ異常繁殖による車輪空転事故、トンネル内の窒息事故などが頻発していた。就中、1928年12月の柳ヶ瀬トンネル内の窒息事故を契機に深阪経由の新線を敷設することが決定した。戦争を挟んで工事が一旦、中断したものの戦後第一次5か年計画として1952年に再開。不況により再度中断するもの1957年に木ノ本~敦賀間が近江塩津経由の新線に切り替えられた。この時、同区間の旧線は柳ヶ瀬線として分離される。その後、柳ヶ瀬線は勾配区間用の強力エンジンを搭載した専用ディーゼル車キハ52を投入したものの、赤字線から脱することができず、北陸本線並走区間複線化への路盤提供のためもあり、1964年に廃止されている。詳しくは当該項目を参照。


北陸トンネル 敦賀側坑口(敦賀市深山寺)引き続き第二次5か年計画として敦賀~今庄間の改良工事に着手。1962年には全長13,870mの北陸トンネルが開通し、敦賀~今庄間が新線に切り替えられ、杉津経由の旧線は無事故を記録したまま廃止された。詳細は北陸トンネル、旧線各駅の項を参照。

現在、木ノ本~敦賀~今庄間の旧線ルートの大半には北陸自動車道が通っている。刀根下り、杉津上り両パーキングエリアはかつての駅跡である。この路線変更によりかつての急行停車駅、中ノ郷駅、今庄駅近辺は寂れ、杉津駅が廃止されたことにより、越前海岸に停車する駅が失われた。柳ヶ瀬区間および杉津区間の在りし日の記録フィルムが2004年に発掘されJR西日本金沢支社の手で編集、DVD化されている。

路線改良はこれに留まらず、倶利伽羅峠越え、親不知、更にはフォッサマグナにあたり、地盤が脆弱で地滑り事故の多発していた浦本~直江津間なども新線付け替えを余儀なくされた。いずれも長大なトンネルを含む新線に付け替えられ、輸送力・スピードアップ・事故防止・勾配緩和に貢献した。一方で風光明媚な海岸線の眺望などの喪失を残念がる年配者の声もある。

電化および複線化も順次進められた。1957年に田村~敦賀間が電化され、1969年には全線の電化・複線化が完成した。田村~梶屋敷間の電化では交流60Hzが採用されたが、交流電化としては仙山線に次いで日本で2番目、60Hzは日本初である。なお、民営化後に新快速など京阪神方面との直通運転のため1991年9月に田村~長浜間が直流電化に転換され、2006年9月24日には長浜~敦賀間が、湖西線の永原~近江塩津間とともに直流電化に転換された。

2014年度に北陸新幹線の長野~金沢間が開業する際、金沢~直江津間はJRの経営から分離されることになっている。具体的な運行主体は現時点では未定である(なお、北陸本線の富山駅と接続していた富山港線は、北陸新幹線建設に伴う富山駅周辺連続立体交差化事業の影響でJRと経営分離し、第三セクター鉄道の富山ライトレールとなったが、並行在来線の経営分離とは関係が無く、この会社が並行在来線の運行主体となる予定もない)。また、鉄道ファンの間では、金沢~直江津間の経営分離後に、首都圏~北陸間の輸送を受け持つ北陸新幹線とは利用者層が異なる一部の長距離列車(きたぐに・日本海・トワイライトエクスプレス)や貨物列車の運行がどのようになるのかについて、動向が注目されている。

有間川 (ありまがわ) 新潟県 上越市大字有間川
粟津(石川) (あわづ) 石川県 小松市符津町
芦原温泉 (あわらおんせん) 福井県 あわら市春宮1丁目
生地 (いくじ) 富山県 黒部市吉田
石動 (いするぎ) 富山県 小矢部市石動町
市振 (いちぶり) 新潟県 糸魚川市市振
糸魚川 (いといがわ) 新潟県 糸魚川市大町1丁目
動橋 (いぶりはし) 石川県 加賀市動橋町
今庄 (いまじょう) 福井県 南条郡南越前町今庄
魚津 (うおづ) 富山県 魚津市釈迦堂
牛ノ谷 (うしのや) 福井県 あわら市牛ノ谷
浦本 (うらもと) 新潟県 糸魚川市大字間脇
越前花堂 (えちぜんはなんどう) 福井県 福井市花堂中1丁目1番
越中大門 (えっちゅうだいもん) 富山県 射水市大島北野
越中宮崎 (えっちゅうみやざき) 富山県 下新川郡朝日町宮崎
王子保 (おうしお) 福井県 越前市四郎丸町
青海(新潟) (おうみ) 新潟県 糸魚川市青海
近江塩津 (おうみしおつ) 滋賀県 伊香郡西浅井町余
大土呂 (おおどろ) 福井県 福井市半田町
親不知 (おやしらず) 新潟県 糸魚川市歌
加賀温泉 (かがおんせん) 石川県 加賀市作見町
加賀笠間 (かがかさま) 石川県 白山市笠間町
梶屋敷 (かじやしき) 新潟県 糸魚川市大字田伏
金沢 (かなざわ) 石川県 金沢市北安江町
河毛 (かわけ) 滋賀県 東浅井郡湖北町大字山脇
北鯖江 (きたさばえ) 福井県 鯖江市下河端町
木ノ本 (きのもと) 滋賀県 伊香郡木之本町大字木之本
倶利伽羅 (くりから) 石川県 河北郡津幡町字刈安
呉羽 (くれは) 富山県 富山市呉羽町
黒部 (くろべ) 富山県 黒部市天神新
小杉(JR) (こすぎ) 富山県 射水市三ケ
小舞子 (こまいこ) 石川県 白山市湊町
小松 (こまつ) 石川県 小松市土居原町
坂田 (さかた) 滋賀県 米原市宇賀野
鯖江 (さばえ) 福井県 鯖江市日の出町
新疋田 (しんひきだ) 福井県 敦賀市疋田
高岡 (たかおか) 富山県 高岡市下関町
高月 (たかつき) 滋賀県 伊香郡高月町大字高月
武生 (たけふ) 福井県 越前市府中1丁目
谷浜 (たにはま) 新潟県 上越市大字長浜
田村 (たむら) 滋賀県 長浜市田村町
大聖寺 (だいしょうじ) 石川県 加賀市熊坂町
筒石 (つついし) 新潟県 糸魚川市仙納
津幡 (つばた) 石川県 河北郡津幡町字南中条
敦賀 (つるが) 福井県 敦賀市鉄輪町1丁目
寺井 (てらい) 石川県 能美市大成町
泊(富山) (とまり) 富山県 下新川郡朝日町平柳
富山 (とやま) 富山県 富山市明輪町
虎姫 (とらひめ) 滋賀県 東浅井郡虎姫町大字大寺
直江津 (なおえつ) 新潟県 上越市東町1丁目
長浜 (ながはま) 滋賀県 長浜市北船町
名立 (なだち) 新潟県 上越市名立区名立大町
滑川 (なめりかわ) 富山県 滑川市辰野
南条 (なんじょう) 福井県 南条郡南越前町西大道
西金沢 (にしかなざわ) 石川県 金沢市西金沢1丁目
西高岡 (にしたかおか) 富山県 高岡市立野
西入善 (にしにゅうぜん) 富山県 下新川郡入善町下飯野
入善 (にゅうぜん) 富山県 下新川郡入善町入膳
能生 (のう) 新潟県 糸魚川市能生
野々市(JR) (ののいち) 石川県 石川郡野々市町字二日市町
春江 (はるえ) 福井県 坂井市春江町中筋
東金沢 (ひがしかなざわ) 石川県 金沢市小坂町西
東富山 (ひがしとやま) 富山県 富山市米田
東滑川 (ひがしなめりかわ) 富山県 滑川市中村
福井(福井) (ふくい) 福井県 福井市中央1丁目
福岡 (ふくおか) 富山県 高岡市福岡町下蓑
細呂木 (ほそろぎ) 福井県 あわら市滝
米原 (まいばら) 滋賀県 米原市米原
松任 (まっとう) 石川県 白山市相木町
丸岡 (まるおか) 福井県 坂井市坂井町上新庄
美川 (みかわ) 石川県 白山市美川中町
水橋 (みずはし) 富山県 富山市水橋伊勢屋
南今庄 (みなみいまじょう) 福井県 南条郡南越前町南今庄
明峰 (めいほう) 石川県 小松市松梨町甲
森田 (もりた) 福井県 福井市栄町
森本 (もりもと) 石川県 金沢市弥勒町
湯尾 (ゆのお) 福井県 南条郡南越前町湯尾
余呉 (よご) 滋賀県 伊香郡余呉町下余呉

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34