☆墨田区のアルバイトランキング
第1位 墨田区でのバイトするならアンできまり!!

第2位 【短期】【日払い】【高収入】好きな条件でアルバイト発見!

第3位 墨田区での短期でがっつり稼ごう!!

番外 リゾートバイトは楽しい!出会いがいっぱい!!


墨田区 地域情報

墨田区(すみだく)は、東京都の特別区のひとつ。

民話「おいてけ堀」は、昔の墨田区が舞台である。水の郷百選に選ばれている。

2006年に区内の押上・業平橋地区に新東京タワーの建築が正式決定した。2011年に、建造物では世界一となる高さ610メートルのタワーが完成予定。観光と防災都市のシンボルにし、世界一の観光都市を目指すという、今後一躍注目される区になる。

東京都の東部の区であり、西の区境は隅田川と東の区境は荒川および中川にに挟まれた位置にある河川に挟まれた町である。

区の北部と南部では、歴史に大きな違い見られる。北部は、平安時代ごろから歴史に登場し、室町時代以降は農村地帯として発展を遂げていた。一方、南部は湿地帯であり、人が住むには極めて向かない土地であった。しかし、江戸中心部が1657年(明暦3年)の振袖火事によって焼け野原になったため、防災対策の一環として武家屋敷が当区南部へと移動することとなった。同時に、竪川・大横川をはじめとする河川の掘削や南北割下水(今で言うところの北斎通り近辺に存在した。)や碁盤目状の道路の整備が行われた。

その後、明治になると、1878年(明治11年)に北部は北葛飾郡に編入され、南部は本所区として成立するようになる。また、工業化の波が押し寄せることとなり、北部も南部も開発が進んでいくようになった。1894年(明治27年)には、現在でも重要な交通手段である総武線が開業した。しかし、このように発展してきたが、1923年(大正12年)の関東大震災により、区域の大半が焼失することとなった。特に、元陸軍被服廠跡地(現在の横網町公園など)では、多くの人が避難をしたものの、猛火に遇い、4~5万人といわれる多大な焼死者を出した。

やがて、それらによる被害も復興していくようになり、1932年(昭和7年)には、北部に向島区が誕生することとなった。しかし、第二次世界大戦(特に東京大空襲)によりまたもや区内全土は大きく焼失することとなった。

戦後、1947年(昭和22年)に本所区と向島区が合併し現在の墨田区が誕生した。この区名は、隅田川の堤の通称「墨堤」から墨を、隅田川から田を取ったものであった。1963年(昭和38年)までは、町の復興及び発展とともに人口が増加していったものの、その後は頭打ちとなり減少し始めた。また、町工場も郊外や海外への移転などにともない減少していくこととなった。近年では、これら工場跡地にマンションを建てるなどの開発が進められている。なお、人口は横ばいか微増傾向にある。

主な事業所
アサヒビール - 吾妻橋の隅田川のたもと、区役所の隣に本社を持つ(登記上本社は中央区京橋)。ビールの注がれたグラスをモチーフとしたオフィス棟、その隣には巨大な火の玉の様なオブジェ(聖火をモチーフ)を頂いた棟があり、ランドマークとなっている。
東武鉄道 - 業平に本社がある。本社近くに架かる橋は東武橋(管理は墨田区)
京成電鉄 - 押上に本社がある。本社近くにかかる橋は京成橋(管理は東京都)
イチジク製薬 - 東駒形に本社がある。
日本たばこ産業 - 横川に事業所かある。
ライオン
昭和建産 - 三和シヤッター工業グループのうちの一社。
アメリカンホーム保険会社 - 錦糸町の駅前 AIGタワー21階

一部ウィキペディアより出典

アルバイトを決める前に必ず知っておきたい事

Powered by
Movable Type 3.34